先頭に戻る

2A、76V、高効率MAXPowerステップダウンDC-DCコンバータ

厳しい車載環境に耐えるように設計

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 広い入力電圧範囲:6.5V~76V
  • 電圧バージョン:固定(3.3V、5V)および可変(1.265V~11V)出力
  • 出力電流:2A
  • 最高効率:92%
  • 0.26ΩのハイサイドDMOS FET内蔵
  • 無負荷時の自己消費電流:310µA
  • シャットダウン電流:19µA
  • 周波数補償回路内蔵
  • 固定スイッチング周波数:127kHz
  • 外部周波数同期
  • 熱シャットダウンおよび短絡電流制限
  • 自動車用温度範囲:-40℃~+125℃
  • 5mm x 5mmの16ピンTQFNパッケージ
  • 損失電力:2.67W (+70℃において)

アプリケーション/用途

  • 分配電力
  • 産業用

説明

MAX5090A/B/Cは使いやすい高効率、高電圧、ステップダウンDC-DCコンバータで、最大76Vの入力電圧で動作し、無負荷時の自己消費電流はわずか310µAです。このパルス幅変調(PWM)型コンバータは重負荷時には127kHzの固定スイッチング周波数で動作し、軽負荷時にはパルススキッピングモードに自動的に切り替わり、低自己消費電流と高効率を実現します。MAX5090は周波数補償を備え、回路実装が簡単になります。また、このデバイスはノイズに敏感なアプリケーションにおいて外部システムクロック周波数と同期させることもできます。MAX5090では内蔵の低オン抵抗で高電圧のDMOSトランジスタによって、高効率を実現し、全体のシステムコストを削減することができます。このデバイスは、低電圧ロックアウト、サイクルごとの電流制限、ヒカップモード出力短絡保護、および温度過昇シャットダウンなどを備えています。

MAX5090は最大2Aの出力電流を供給します。19µA (typ)のシャットダウン電流となる外部からのシャットダウンも備えられています。MAX5090A/MAX5090Bバージョンはそれぞれ3.3Vおよび5Vの固定出力電圧を備え、またMAX5090Cは1.265V~11Vの可変出力電圧を特長とします。

MAX5090は省スペースの16ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)で動作します。

簡易ブロック図

MAX5090、MAX5090A、MAX5090B、MAX5090C:標準動作回路 MAX5090、MAX5090A、MAX5090B、MAX5090C:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。