先頭に戻る

ハイサイドスイッチ内蔵、2.2MHz、2Aバックコンバータ

最高2.2MHzのスイッチング周波数によって、調波がADSL2+および車載用AMラジオ周波数帯域に干渉するのを回避

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:4.5V~5.5V、または5.5V~23V
  • 最低0.6Vまで可変の出力電圧
  • 出力電流:2A
  • 同期整流器ドライバ出力(MAX5089)によって高効率を実現
  • 抵抗でプログラマブルなスイッチング周波数:200kHz~2.2MHz
  • 外部同期およびイネーブル(オン/オフ)入力
  • 180°逆位相で第2コンバータを駆動するクロック出力(MAX5089)
  • 150mΩのハイサイドnチャネルパワーMOSFET内蔵
  • パワーオンリセット出力(MAX5088)/パワーグッド出力(MAX5089)
  • 短絡保護
  • サーマルシャットダウン保護
  • 放熱特性を高めた16ピンTQFNパッケージは2.7Wを消費

アプリケーション/用途

  • 車載用無線電源
  • IP電話/WLANアクセスポイント
  • サーバおよびネットワーク
  • xDSLモデム電源

説明

MAX5088/MAX5089はnチャネルパワーMOSFETを内蔵する高周波DC-DCコンバータで、最大2Aの負荷電流を供給します。MAX5088は、非同期バック(降圧)構成電源の設計を可能にするパワーMOSFETを内蔵しています。MAX5089は、同期バック構成電源の設計を対象としています。これらのデバイスは4.5V~5.5Vまたは5.5V~23Vの入力電圧と200kHz~2.2MHzの抵抗によるプログラマブルなスイッチング周波数で動作します。ピークスイッチ電流制限方式の電圧モードアーキテクチャによって、最高2.2MHzのスイッチング周波数まで安定した動作が行われます。MAX5088は、180°逆位相で第2のDC-DCコンバータを駆動するクロック出力とパワーオンリセット(/RESET)出力を備えています。MAX5089はパワーグッド出力と同期整流器ドライバを備え、バックコンバータ構成の場合の外付けローサイドMOSFETを駆動して、高効率を実現します。

MAX5088/MAX5089は、ピーク電流制限と温度過昇シャットダウンを用いて、過電流状態から保護し、ポイントオブロードレギュレーションアプリケーション用に高信頼性の小型電源を提供します。その他の機能には、同期、内部ディジタルソフトスタート、およびイネーブル入力などがあります。MAX5088/MAX5089は省スペースの放熱特性を高めた16ピンTQFN (5mm x 5mm)パッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX5088、MAX5089:標準アプリケーション回路 MAX5088、MAX5089:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。