先頭に戻る

パワーMOSFET内蔵、2.2MHz、デュアル出力バックまたはブーストコンバータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 5.5
VIN (V) (max) 23
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 2
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 2200
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
3.47
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 5.5
VIN (V) (max) 23
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 2
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 2200
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
3.47
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 5.5
VIN (V) (max) 23
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 2
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 2200
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
3.47
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 5.5
VIN (V) (max) 23
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 2
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 2200
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
3.47

主な特長

  • 入力電源電圧範囲:4.5V~5.5V、または5.5V~23V
  • 出力電圧:0.8V (バック)~28V (ブースト)
  • パワーMOSFET内蔵の2つの独立した出力のDC-DCコンバータ
  • 各出力をバックモードまたはブーストモードに設定可能
  • バックモードにおいてIOUT1は2A、IOUT2は1Aを出力
  • 180°逆位相動作
  • 4位相動作用クロック出力
  • プログラマブルなスイッチング周波数:200kHz~2.2MHz
  • ディジタルソフトスタートおよび同期入力
  • 個別のコンバータシャットダウンおよびパワーグッド出力
  • 短絡保護(バック時)/最大デューティサイクル制限(ブースト時)
  • 熱シャットダウン
  • 放熱特性に優れた28ピンTQFNパッケージは+70℃で最大2.7Wを消費

アプリケーション/用途

  • ネットワーク用ラインカード
  • POL (Point-of-Load)型DC-DCコンバータ
  • PD用Power over Ethernetポストレギュレーション
  • テレコムラインカード

説明

MAX5073は、ハイサイドnチャネルパワーMOSFET内蔵のデュアル出力DC-DCコンバータです。各出力をバック(降圧)コンバータまたはブースト(昇圧)コンバータとして設定することができます。このデバイスは、5.5V~23Vの広い入力電圧範囲で動作可能です。各出力はバックモードで最低0.8V、ブーストモードで最大28Vまでプログラマブルで、出力電圧精度は±1%です。バックモードでは、第1コンバータと第2コンバータは、それぞれ2Aと1Aを供給することができます。各コンバータの出力スイッチング周波数を200kHz~2.2MHzの範囲で設定し、無線用電源の高調波の回避や電源の小型化が可能です。各出力は180°逆位相で動作するため、入力コンデンサのリップル電流、サイズ、およびコストが低減します。SYNC入力によって外部周波数同期が容易になります。さらに、CLKOUT出力は第2コンバータとは逆位相のクロック信号を供給するため、マスタ-スレーブ構成において2つのMAX5073 ICを使用する4位相動作が可能になります。

MAX5073はディジタルソフトスタートを内蔵しています。このため、電源投入時の突入電流が減少し、出力電圧オーバシュートが排除され、出力電圧が単調に上昇します。このデバイスは、コンバータごとにそれぞれシャットダウンおよびパワーグッド出力を備えています。保護機能には、サーマルシャットダウンのほかに、バックモード時の出力短絡保護やブースト動作時の最大デューティサイクル制限などがあります。

MAX5073は、+70℃の周囲温度で2.7Wを消費する放熱特性に優れた28ピンTQFNパッケージで提供されます。このデバイスは、-40℃~+85℃の拡張動作温度範囲、または-40℃~+125℃の自動車用動作温度範囲を定格としています。

簡易ブロック図

MAX5073:ファンクションダイアグラム MAX5073:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。