先頭に戻る

MAX5072の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX5072の評価キット Aug 09, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電源電圧範囲:5.5V~16V
  • (構成変更可能な)入力電源電圧範囲:4.5V~5.5V
  • 出力:3.3V (2Aにおいて、ステップダウンコンバータ)
  • 出力:12V (0.22Aにおいて、ステップアップコンバータ)
  • 180°逆位相動作によって入力容量を低減
  • 4位相動作用クロック出力
  • プログラマブルなスイッチング周波数:200kHz~2.2MHz
  • 個別のイネーブル入力、SYNC入力、およびマニュアルリセット入力
  • パワーオンリセット出力およびパワーフェイル出力
  • 低コストソリューション
  • 完全実装および試験済み
  • アプリケーション/用途

    • POL (Point-of-Load)型DC-DCコンバータ
    • XDSLモデム
    • xDSLルータ

    説明

    MAX5072の評価キット(EVキット)は、MAX5072の性能評価に必要なすべての部品を搭載した完全実装および試験済み回路ボードです。MAX5072はデュアル出力のDC-DCコンバータです。出力の1つはステップダウンコンバータ(コンバータ1)として設定され、またコンバータ2はステップアップコンバータとして設定されています。このEVキットは5.5V~16Vを供給するDC電源から給電されます。このEVキットを4.5V~5.5Vの入力電圧範囲に構成を変更することができます。

    MAX5072のEVキットはステップダウンコンバータ出力から2Aで3.3V、ステップアップコンバータ出力から最大0.22Aで12Vを供給することができます。MAX5072のスイッチング周波数は2.2MHzに設定され、2つの出力は180°の逆位相でスイッチングします。SYNC入力によって外部周波数同期が容易になります。さらに、CLKOUT出力はステップアップコンバータとは90°の位相差を持つクロック信号を供給するため、マスタ-スレーブ構成で2つのMAX5072 ICを使用する4位相動作が可能になります。

    MAX5072は、コンバータ1用のパワーグッド出力、リセット出力、およびマニュアルリセット入力を備えています。また、出力をそれぞれ個別にシャットダウンすることもできます。MAX5072は、入力電圧が設定されたスレッショルドを下回ると、ロジックローとなるパワーフェイル出力を備えています。

    MAX5072は、放熱特性を高めた32ピンTQFNパッケージで提供されます。

    技術資料

    データシート MAX5072の評価キット Aug 09, 2005

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。