先頭に戻る

MAX5066の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5066の評価キット Aug 22, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:5V~16V (12V入力に最適化された設計)
  • 出力電圧
    • 0.8V (10Aにおいて) (0.61V~5.5Vの範囲で調整可能)
    • 1.3V (10Aにおいて) (0.61V~5.5Vの範囲で調整可能)
  • スイッチング周波数:500kHz
  • 両出力を並列接続して、電流能力の向上が可能(モード機能使用時)
  • 平均電流モード制御によって高精度で電流制限
  • 並列チャネル間の電流配分精度:±5%以内
  • 180°のインタリーブ動作によって入力フィルタコンデンサを小型化
  • 温度過昇シャットダウン
  • 優れたライン/負荷過渡応答
  • ヒカップモード過電流保護
  • 外部クロックと同期可能
  • 薄型部品
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • グラフィックカード
  • ハイエンドデスクトップコンピュータ
  • ネットワーキングシステム
  • POL型大電流/高密度
  • RAIDシステム
  • テレコムDC-DCレギュレータ

説明

MAX5066の評価キット(EVキット)は、5V~16Vの入力電圧範囲を備える2位相、デュアル出力の降圧コンバータです。MAX5066のEVキットは、0.8Vおよび1.3Vのデュアル出力電圧を供給します。このEVキットは、90%の効率で出力ごとに最大10Aの出力電流を供給します。MAX5066のEVキットは平均電流モード制御を用いて、各位相が他の位相に対して180°逆位相となる位相当り500kHzのスイッチング周波数で動作します。

このEVキットは、完全実装および試験済み回路ボードです。両方の出力とも、フィードバック抵抗R4、R5、R6、およびR7を取り替えて0.61V~5.5Vの範囲で調整することができます。その他の機能には、サーマルシャットダウンや「ヒカップモード」短絡保護などがあります。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5066の評価キット Aug 22, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。