先頭に戻る

MAX5060の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:+10V~+14V
  • 出力電圧:3.3V
  • 出力電流:20A
  • スイッチング周波数:270kHz
  • 最高効率:93%
  • 最高1.5MHzまで同期
  • 逆電流シンクを制限
  • 電圧信号は出力電流に比例
  • リップル位相動作用クロック出力
  • 過電圧保護
  • イネーブル(ON/アクティブローOFF)入力
  • パワーグッド出力
  • サイズ:1.65インチ x 1.05インチ
  • 400LFMエアフローを必要とし0℃~+70℃の温度範囲で大きなヒートシンク

アプリケーション/用途

  • ハイエンドデスクトップコンピュータ
  • ネットワーキングシステム
  • POL (Point-of-Load)型テレコムDC-DCレギュレータ
  • RAIDシステム
  • サーバおよびワークステーション

説明

MAX5060の評価キット(EVキット)は、+12Vの入力源から+3.3Vの可変出力電圧を供給します。このEVキットは270kHzのスイッチング周波数で最大20Aの出力電流を供給し、最高93%の効率を達成します。

1位相PWMコントローラのMAX5060は最小の外付け部品数で小型パッケージに大出力電流能力を備えています。MAX5060は高精度の電流制限と電流配分を提供する平均電流モード制御を採用しているため、MOSFETとインダクタが大きくなることが避けられます。

差動検出によって出力電圧の高精度な制御が可能で、また適応型電圧ポジショニングで最適な過渡応答を得ることができます。内蔵レギュレータによって、+4.75V~+5.5Vまたは+7V~+28Vの入力電圧範囲で動作可能です。最高1.5MHzの高スイッチング周波数によって、小さいインダクタ値と入力コンデンサ値を使用することができます。このため、PCBに平型の磁性部品を埋め込むことが可能になり、優れた信頼性、電流配分、温度管理、小型化、および低システムコストを実現することができます。

また、MAX5060は、外部クロックとの同期用クロック入力(CLKIN)と180°位相遅延付きのクロック出力(CLKOUT)も備え、低入力コンデンサリップル電流用の別の逆位相コンバータを制御します。また、MAX5060は、バス電圧が安定化出力電圧を上回った場合に、逆電流を制限します。このデバイスは、複数の電源モジュールが並列接続されている場合に電流シンクを制限するように専用設計されています。MAX5060は、+0.6V~+5.5V (VIN > 7V)の可変出力電圧を供給します。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。