先頭に戻る

VRM 9.0/VRM 9.1、デュアルフェーズ、並列可能、平均電流モードコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:+4.75V~+5.5V、または+8V~+28V
  • 出力電流:最大60A
  • +12Vまたは+24Vパワーバス用電圧レギュレータ内蔵
  • VIDで制御する5ビットDAC内蔵(VRM 9.0/VRM 9.1準拠、精度0.8%)
  • プログラマブル適応型出力電圧ポジショニング
  • 真の差動リモート出力検出
  • 逆位相コントローラによる入力容量要件の緩和および電力損失の分散
  • 平均電流モード制御
    • 各位相間および並列モジュール間での優れた電流配分
    • 正確な電流制限により、MOSFETとインダクタのディレーティング不要
  • 並列モジュール間で逆電流シンクを制限
  • 大出力電流ゲートドライバ内蔵
  • 位相当たりの選択可能な固定周波数:250kHzまたは500kHz (2相の合計で最高1MHz)
  • 125kHz~600kHzの外部周波数に同期
  • 複数DC-DCコンバータの並列接続用クロック出力付きPLLを内蔵
  • パワーグッド出力
  • 位相障害検出器
  • 過電圧および熱保護
  • 44ピンMQFPまたはTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ハイエンドデスクトップコンピュータ
  • 大規模メモリアレイ
  • ネットワーキングシステム
  • POL型大電流/高密度
  • RAIDシステム
  • サーバおよびワークステーション
  • テレコムDC-DCレギュレータ

説明

デュアルフェーズPWMコントローラのMAX5037Aは、最小限の外付け部品を使って、小型パッケージで大電流を出力することができます。MAX5037Aは低RDS(ON)のMOSFETの最適使用を可能とするデュアルフェーズ、平均電流モード制御方式を採用しており、大電流を出力する場合でも外付けヒートシンクが不要です。

差動検出は高精度の出力電圧の制御を可能にし、適応型電圧ポジショニングによって最適な過渡応答を得ることができます。レギュレータを内蔵しているため+5Vまたは+12Vの入力電圧で動作し、そのほかの電圧源は不要です。位相当たり最高500kHzの高スイッチング周波数とデュアルフェーズ動作によって、使用する出力インダクタと入力コンデンサの値を小さくすることができます。このため、PCBに平面状の磁性部品を埋め込むことが可能になり、優れた信頼性、電流配分、温度管理、小型化、および低システムコストを実現することができます。

MAX5037Aは、外部クロックとの同期用クロック入力(CLKIN)、およびマルチ位相の並列化用(CLKINを基準とした) プログラマブル位相遅延付きクロック出力(CLKOUT)を備えています。MAX5037Aは、また、バス電圧がレギュレートされた出力電圧より高くなった場合に、逆電流を制限します。

MAX5037Aは拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で動作し、44ピンMQFPまたはTQFNパッケージで提供されます。SSOPまたはTQFNパッケージの固定出力電圧コントローラや可変出力電圧コントローラについては、MAX5038A/MAX5041AおよびMAX5065/MAX5067のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX5037A:ピン配置 MAX5037A:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。