先頭に戻る

高集積、ステップダウンスイッチングレギュレータ、選択可能なアプリケーション設定内蔵

25A全機能内蔵、高効率スイッチングレギュレータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 6.5
VIN (V) (max) 14
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 25
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1
Output Adjust. Method Dyn. REF In
Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 900
400
500
600
700
800
Design Tools EE-Sim
Package/Pins WLCSP/27
Budgetary
Price (See Notes)
3.17
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 6.5
VIN (V) (max) 14
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 25
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1
Output Adjust. Method Dyn. REF In
Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 900
400
500
600
700
800
Design Tools generateDesignEESIMUrl('http://maxim.transim.com/pwm2/designreq/Index?partId=29546', '')
Package/Pins WLCSP/27
Budgetary
Price (See Notes)
3.17

主な特長

  • 高効率ソリューション
    • ピーク:最大97%
    • 全負荷:最大87%
    • 軽負荷効率:最大96% (1A、DCMイネーブル)
  • 柔軟な設計によって早期PCB定義が可能
    • MAX38800 (9A)およびMAX38801 (15A)と互換性のある実装形状
    • 設定可能なスイッチング周波数:最大1MHz
    • 設定可能なソフトスタートとSTAT遅延タイミング
    • 設定可能なリファレンス電圧(外部入力オプションあり)
    • 設定可能な正および負のOCP制限
  • 先進的アーキテクチャ、保護、および報告によって高信頼性の設計を保証
    • アナログ電流または温度報告
    • オープン回路検出を備えた差動リモート検出
    • Quick-PWMアーキテクチャによる高速過渡応答
    • パーセントベースの出力パワーグッドおよびOVP
    • オープンドレインのステータスインジケータ(STAT)端子
    • 入力低電圧および過電圧ロックアウト
    • 適応型デッドタイム制御
  • 基板スペースを節約
    • ブーストスイッチ内蔵
    • 27ピンWLCSP (2.2mm × 3.8mm)実装形状
    • セラミックの入力および出力コンデンサを使用して動作

アプリケーション/用途

  • DDRメモリ – VDDQ、VPP、およびVTT
  • GPUコア電源
  • I/Oおよびチップセット電源
  • ポイントオブロード(POL)アプリケーション
  • サーバ/マイクロサーバ

説明

MAX38802/MAX38803は、6.5V~14Vの入力電源で動作し最大25Aの負荷を必要とするアプリケーション用の全機能内蔵、高効率スイッチングレギュレータです。これらのシングルチップレギュレータは、高速過渡応答を必要とする高精度出力用の小型高効率、電力供給ソリューションを提供します。

この2つのデバイスは、広範な構成を可能にする各種の設定可能オプション(詳細はデータシートの表3aおよび3bを参照)を備えています。設定可能な機能には、内部/外部リファレンス電圧、出力電圧セットポイント、スイッチング周波数、過電流保護レベル(OCP)、およびソフトスタート時間があります。ピンストラッピングを介して断続電流モード(DCM)動作をイネーブルし、軽負荷効率を向上させることができます。

MAX38802/MAX38803は複数の保護および測定機能を内蔵しています。正および負のサイクル単位のOCP、短絡保護、および過熱保護(OTP)は堅牢な設計を確保します。入力低電圧および過電圧ロックアウトは、入力電圧が仕様範囲外の場合にレギュレータをシャットダウンして損傷を防止します。出力過電圧(OVP)が発生した場合は安定化が停止されます。ステータス端子は出力電圧が範囲内で出力電圧が安定化されていることを表示します。このデバイスは出力電流またはジャンクション温度をそれぞれ±5%と±8℃の精度で報告するように設定可能なアナログ出力を備えています。

これらのデバイスは低い熱抵抗を備え、PCBの面積を最小化する27ピンWLCSPパッケージ(2.2mm × 3.8mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX38802、MAX38803:基本アプリケーション回路 MAX38802、MAX38803:基本アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。