先頭に戻る

2相スケーラブル集積型電圧レギュレータ、PMBusインタフェース内蔵

最小、高効率、60A全機能内蔵2相スイッチング電圧レギュレータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 16
VOUT1 (V) (min) 0.5
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 60
Output Adjust. Method Preset or Adj
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (typ) 1
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 800
Package/Pins FC2QFN/35
Budgetary
Price (See Notes)
6.88
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 16
VOUT1 (V) (min) 0.5
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 60
Output Adjust. Method Preset or Adj
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (typ) 1
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 800
Package/Pins FC2QFN/35
Budgetary
Price (See Notes)
6.88

主な特長

  • ピーク効率:92%、全負荷効率:90% (VIN = 12V、VOUT = 1V)
  • 動作入力電圧範囲:4.5V~16V
  • 出力電圧範囲:0.5V~5.5V
  • 出力ブート電圧ピン設定範囲:0.5V~5.0V (直接フィードバック)
  • ループ補償内蔵
  • 結合および個別インダクタに対応
  • PMBus Revision 1.3準拠インタフェース
  • 外部パワー段対応によって電力能力を向上
  • 内部リニアレギュレータによって単一電源電圧での動作が可能
  • オプションの外部LDO FETによって熱性能を強化
  • ピンで設定可能な動作パラメータ:
    • 32のPMBusアドレス
    • 出力電圧
    • スイッチング周波数
    • 過電流保護(OCP)スレッショルド
    • ソフトスタート時間
    • ループ補償
  • 不揮発性PMBusコマンドストレージ対応(5つの書込みが利用可能)
  • 連続導通モード動作のみ
  • 高精度電流および温度センシング内蔵
  • 単調な起動およびシャットダウン、プリバイアス起動に対応(2相)
  • 高速ピークおよび平均過電流保護
  • アクティブローRESTORE入力端子によって出力電圧をリセット
  • 動作ジャンクション温度範囲:-40℃~125℃
  • 35ピンFC2QFNパッケージ(4 × 10.5mm、0.5mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • 通信、ネットワーク、サーバー、およびストレージ機器
  • I/Oおよび補助電源
  • メモリVDDQ
  • マイクロプロセッサチップセット
  • ポイントオブロード電圧レギュレータ

説明

MAX20796は、4.5V~16Vで動作し最大60Aまたはオプションの第3相の外部パワー段を使用する場合90Aの負荷を必要とするアプリケーション用の全機能内蔵、高効率、2相スイッチングレギュレータを提供します。出力電圧範囲は0.5V~5.5Vに設定可能ですが、デューティサイクルに多少の制限があります。このスイッチングレギュレータは固定周波数制御方式を使用し、サーバーおよびテレコムアプリケーション用の非常に小型、高速、高精度の給電ソリューションを提供します。内蔵のリニアレギュレータによって、単一電源動作が可能です。システム効率および熱性能をさらに高めるために、外付けの3.3V電源またはFETを使用してコア電源を生成することができます。

ソフトスタート時間の選択、出力電圧、スイッチング周波数、PMBusアドレス、過電流トリップポイント、およびループ制御パラメータなど、主なシステムパラメータは外付け抵抗によって設定します。このデバイスは、結合または個別インダクタのいずれでも動作します。結合インダクタ技術は最小限の数の入力および出力コンデンサで高い性能を提供し、クラス最高のソリューションコストを実現します。

MAX20796は、フォルト保護および報告機能を内蔵しています。固有の正と負の過電流保護および過熱保護は、堅牢な設計を確保します。入力低電圧ロックアウトは、入力電圧が仕様範囲外の場合にデバイスをシャットダウンします。出力電圧が設定可能な範囲外の場合は安定化が停止されます。PGOOD端子は、出力電圧が範囲内でシステムが安定化していることを示す出力信号を提供します。

MAX20796は35ピンFC2QFNパッケージ(4 × 10.5mm)で提供され、ネットワークおよび通信エンド機器での使用に最適です。

また、このデバイスはMAX20796Aとしても提供され、1V、800kHzアプリケーション用に設定済みでLEAD_LAGがイネーブルです。

簡易ブロック図

MAX20796:簡易アプリケーション回路 MAX20796:簡易アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。