先頭に戻る

デュアル、冗長、Hブリッジモータドライバ、ASIL診断機能内蔵

ブラシDCモータを使用して耐障害性の車載アプリケーション用に設計

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ICとHブリッジの両方の障害を検出してシステムの安全性を強化する包括的なIC診断機能
  • 両チャネルは完全に独立で端子や回路を一切共有せず、完全な冗長性を提供
  • 抵抗で設定可能な機能によってソフトウェアの開発を簡素化
  • 100%デューティサイクルを含む全nFET動作によってシステムコストを削減

アプリケーション/用途

  • 車載モータドライバ
  • 産業用モータドライバ

説明

MAX20082は、ブラシDCモーターなどの大電力誘導性負荷を使用する耐障害性車載アプリケーション専用に設計されたデュアル、フルブリッジコントローラです。このデバイスは、外付けのnチャネルパワーMOSFETとともに使用するように設計された、2つの完全に個別のモーター制御チャネルを備えています。各チャネルは4.75V~5.25Vの入力電源電圧範囲で動作し、最大35Vのモーター電源電圧との組合せで動作可能です。

チャージポンプレギュレータは、5Vの入力電源電圧で9.8Vのゲート駆動を提供します。HブリッジのハイサイドnチャネルMOSFETの駆動に必要な入力バッテリ電圧以上の電圧を提供するために、ブートストラップコンデンサが使用されます。ハイサイド駆動用の内蔵トップオフチャージポンプによって、DC (100%デューティサイクル)動作が可能です。

また、このデバイスはプログラム可能なデッドタイム、ゲート駆動スルーレート、およびMOSFET短絡スレッショルドも備えています。Hブリッジは、正転モード(時計回り)、逆転モード(反時計回り)、制動モード、およびコーストモードでの駆動が可能です。制動モードでは、両方のローサイドMOSFETがオンになります(同期低速減衰)。コーストモードでは、Hブリッジの全MOSFETがオフになります(非同期高速減衰)。パワーMOSFETは、抵抗で調整可能なデッドタイム回路によって貫通電流から保護されます。

各チャネルは、ローサイド電流検出アンプも内蔵しています。この電流検出アンプはモーター(Hブリッジ)電流の検出に使用され、モーター障害時に電流を制限するための過電流保護回路を内蔵しています。

内蔵の診断機能は、低電圧、過熱、Hブリッジ、および端子の障害を示し、ほとんどの短絡状態でパワーMOSFETを保護するように設定可能です。さらに、このデバイスは1つのパッケージに2つの完全に冗長なHブリッジドライバを備えることによって、ASILシステムでの実装をサポートします。2つのチャネルは完全に独立で端子や機能を共有せず、完全な冗長性があります。

MAX20082は、-40℃~+125℃の全周囲温度範囲での動作が保証されています。最大ジャンクション温度は150℃で、170℃ (typ)でのサーマルシャットダウンを備えています。このデバイスは56ピン、TSSOPパッケージ(14mm x 6.1mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX20082:標準アプリケーション回路 MAX20082:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。