先頭に戻る

36V、600mA/1.2Aミニバックコンバータ

クラス最高レベル超低IQミニバック、車載アプリケーションに最適

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 40
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 10
IOUT1 (A) (max) 1.2
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2100
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
1.07
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 36V、600mA/1.2Aミニバックコンバータ Mar 19, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 40
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 10
IOUT1 (A) (max) 1.2
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2100
Design Tools generateDesignEESIMUrl('http://maxim.transim.com/pwm2/designreq/Index?partId=25167', '')
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
1.07

主な特長

  • FET内蔵同期整流DC-DCコンバータ
    • MAX20075 = 0.6A IOUT
    • MAX20076/MAX25276 = 1.2A IOUT
  • 最小オン時間:20ns、小型ソリューションサイズによってスペースを節約
    • 周波数:2.1MHz
    • バック用の設定可能な1V~10V出力または固定5V/3.3Vオプションが利用可能
    • 固定内部ソフトスタート:2.5ms
    • 出力精度:固定出力電圧では±2% (5V/3.3V)、外付け抵抗による可変出力(1V~10V)では±1.5%のFB精度
    • 革新的な電流モード制御アーキテクチャによって総基板スペースとBOM数を最小化
  • PGOOD出力および高電圧EN入力によって電源シーケンスを簡素化
  • 車載アプリケーションに最適な保護機能と動作範囲
    • 動作VIN範囲:3.5V~36V
    • ロードダンプ保護:40V
    • 低ドロップアウトの99%デューティサイクル動作
    • 自動車用温度範囲:-40℃~+125℃
    • AEC-Q100認定

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 高電圧DC-DCコンバータ
  • 産業用

説明

MAX20075/MAX20076/MAX25276は、ハイサイドおよびローサイドスイッチを内蔵した小型、同期整流バックコンバータです。MAX20076/MAX25276は3.5V~36Vの入力電圧で最大1.2Aを、MAX20075は最大0.6Aを供給するように設計されています。6V~18Vの通常動作入力範囲内で±2%の高精度の出力電圧を提供します。これらのコンバータは20nsの最小オン時間を備え、大きい入力-出力変換比に対応します。PGOOD信号を観察することによって電圧品質を監視することができます。99%デューティサイクルで動作させるドロップアウト状態での動作が可能なため、車載および産業アプリケーションに最適です。これらのデバイスは5Vおよび3.3V の2つの固定出力電圧を提供します。さらに、外付け抵抗分圧器を使って1V~10Vの出力電圧に設定することが可能です。周波数は内部で2.1MHzに固定されているため、小型外付け部品の使用が可能で、出力リップルが低減され、AM干渉がないことが保証されます。これらのデバイスは、変調周波数に起因するEMI放射を最小限に抑えるように設計された、端子でイネーブル可能なスペクトラム拡散周波数変調を提供します。

MAX20075/MAX20076/MAX25276はエクスポーズドパッドを備えた小型12ピンTDFNおよび側面濡れ性TDFNパッケージ(3mm x 3mm)で提供され、必要な外付け部品はごくわずかです。

デザインソリューション:How to Shrink Your ADAS ECUs: Wrap the Power Management Around the Signal Chain ›

デザインソリューション:Improve Your Automotive ECU Design with a Low-IQ Buck Converter ›


簡易ブロック図

MAX20075、MAX20076:標準動作回路 MAX20075、MAX20076:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート 36V、600mA/1.2Aミニバックコンバータ Mar 19, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。