先頭に戻る

車載クワッド、低電圧ステップダウンDC-DCコンバータ、低ノイズLDO内蔵

4つの1A低電圧高効率DC-DCコンバータと1つの低ノイズ200mA LDO

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Multifunction PMICs
# Step-Down Outputs 4
# LDO Outputs 1
VOUT (V) (min) 1
VOUT (V) (max) 4
Package/Pins TQFN-CU/28
Budgetary
Price (See Notes)
0
Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 4
IOUT1 (A) (max) 1
Switch Type Internal
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 4
Package/Pins TQFN-CU/28
Budgetary
Price (See Notes)
0
全て表示する

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
# Step-Down Outputs 4
# LDO Outputs 1
VOUT (V) (min) 1
VOUT (V) (max) 4
Package/Pins TQFN-CU/28
Budgetary
Price (See Notes)
0
Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 4
IOUT1 (A) (max) 1
Switch Type Internal
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 4
Package/Pins TQFN-CU/28
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • 高集積によってソリューションサイズを縮小
    • MOSFET内蔵のクワッドステップダウンDC-DCコンバータ、それぞれ1.0Aを供給可能
    • 可変出力電圧を備えた1つの200mA LDO
    • ハイブリッド負荷ラインアーキテクチャによって小型出力コンデンサの使用が可能
  • 車載ポイントオブロードレギュレーション用に設計された性能
    • 動作電源電圧:3.0V~5.5V
    • 各出力用の個別のイネーブル信号
    • UV/OV/UVM/PGOOD
    • ソフトスタートと電源シーケンスによって突入電流を低減
  • 低ノイズ機能によってEMI性能を向上
    • スイッチング周波数:3.2MHz
    • 強制PWM動作
    • 180°逆位相の2つのチャネル
    • SYNC入力
  • 車載環境に対応する堅牢性
    • 28ピンTQFN-EPパッケージ(4mm × 4mm × 0.8mm)
    • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
    • AEC-Q100認定

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 産業用

説明

パワーマネージメントIC (PMIC)のMAX20026/MAX20026Sは、4つの低電圧、高効率、ステップダウンDC-DCコンバータと1つの低ノイズLDOリニアレギュレータを内蔵しています。4つのステップダウンDC-DCコンバータ出力はそれぞれ出荷時設定され、最大1.0Aの電流を供給可能です。LDOリニアレギュレータ出力は2.5Vまたは可変を選択可能で、200mAの電流を供給可能です。これらのPMICは3.0V~5.5Vで動作するため、車載ポイントオブロードおよびポストレギュレーションアプリケーションに最適です。

これらのPMICは固定周波数PWMモード動作を備え、スイッチング周波数は3.2MHzです。高周波動作によって、オールセラミックコンデンサの設計と小型外付け部品の使用が可能です。低抵抗の内蔵スイッチによって、クリティカルなインダクタンスを最小限に抑制しながら、重負荷で高効率を実現するため、ディスクリートソリューションに比べてレイアウトが容易になります。内部電流検出およびループ補償は、基板スペースとシステムコストを削減します。

4つのバックコンバータのうち2つは、内部クロックの180°逆位相で動作します。この機能によって必要な入力容量が低減され、EMIも向上します。4つのバックコンバータはすべて、AM帯域外の固定PWMモードで動作します。これらのPMICはSYNC入力を備え、外部クロックとの同期が可能です。これらのPMICは、個別のイネーブル入力および1つのパワーグッド出力を提供します。

これらのPMICは、入力過電圧保護、入力低電圧監視、入力低電圧ロックアウト、サイクル単位の電流制限、および過熱シャットダウンなど、複数の重要な保護機能を提供します。入力低電圧監視は、入力が低電圧監視(UVM)スレッショルドを下回ったときにPGOODをローに駆動することによってブラウンアウト状態を示します。

MAX20026/MAX20026S PMICは、エクスポーズドパッドを備えた28ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。