先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • High Efficiency DC-DC Converter
  • Up to 16A Peak Output Current
  • 3V to 5.5V Input Supply Voltage
  • I2C User Configurable
  • Excellent Load Transient Performance
  • 2.2MHz or 1.1MHz Operation
  • Test Points for Bode Plot Measurement
  • Proven PCB Layout
  • Fully Assembled and Tested

アプリケーション/用途

  • 車載ADASシステム
  • SoCコア電源

説明

The MAX20011C EV kit is a fully assembled and tested PCB intended to demonstrate the capability of the MAX20011C step-down (buck) voltage regulator. The MAX20011C has an output current rating of 16A. The IC operates at 3V to 5.5V input supply voltage and can regulate to a voltage range of 0.5V to 1.275V.

The MAX20011C features a 2.2MHz fixed-frequency pulse-width-modulation (PWM) mode for better noise immunity and load transient response. The 2.2MHz frequency operation allows for the use of all ceramic capacitors and minimizes external components. The spreadspectrum frequency modulation option minimizes electromagnetic emissions. Integrated low RDS(ON) switches improve efficiency at heavy loads and simplifies layout.

The MAX20011C is offered with factory-preset output voltage. The I2C interface supports dynamic voltage adjustment with programmable slew rates. Other features include programmable soft-start, over-current protection, and over-temperature protection.

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。