先頭に戻る

MAX1970、MAX1971、MAX1972の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 電流モード、1.4MHzの固定周波数PWM動作
  • デュアル出力180°逆位相動作により入力リップル電流を低減
  • 全負荷範囲、全入力電圧範囲、および全温度範囲にわたる出力精度:±1%
  • 保証出力電流:750mA
  • 入力電圧範囲:2.6V~5.5V
  • パワーオンリセット出力(/POR)
  • パワーフェイル出力(MAX1970およびMAX1972)
  • パワーオンリセット入力(MAX1971)
  • 小型外付け部品使用の超小型設計
  • 可変出力電圧:0.8V~VIN
  • プリセット:1.8V/3.3Vおよび1.5V/2.5V
  • オールセラミックコンデンサアプリケーション
  • ソフトスタートにより突入電流を低減
  • 完全実装および試験済み
  • アプリケーション/用途

    • 銅線ギガビットSFPおよびGBICモジュール
    • デュアルLDOの代替
    • USB駆動機器
    • XDSLモデム
    • xDSLルータ

    説明

    MAX1972の評価キット(EVキット)は完全実装および試験済み回路基板で、デュアルステップダウンレギュレータのMAX1970ファミリを評価します。この回路は2.6V~5.5Vの入力電圧で動作し、各出力で最低750mAの電流を供給します。出力電圧は外付けフィードバック抵抗により0.8V~VINの範囲で設定可能で、また出力1を1.8Vまたは3.3Vに、出力2を1.5Vまたは2.5Vにプリセットすることもできます。この基板はMAX1972が実装されていますが、この基板を使ってMAX1970およびMAX1971を評価することもできます。MAX1971はリセット入力(RSI)を備え、MAX1970/MAX1972はパワーフェイル出力(PFO)を備えています。

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。