先頭に戻る

PORおよびRSI/PFO付き、デュアル、位相反転、1.4MHz 750mAステップダウンレギュレータ

GBIC、xDSLモデム、およびUSB駆動デバイス用超小型内蔵スイッチデュアルステップダウン

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 0.75
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1.5
1.8
2.5
3.3
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 1400
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
7.92
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 0.75
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1.5
1.8
2.5
3.3
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 1400
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
7.92

主な特長

  • 電流モード、1.4MHzの固定周波数PWM動作
  • 180°逆位相動作により入力コンデンサを小型化
  • 全負荷範囲、全入力電圧範囲、および全温度範囲全体にわたる出力精度:±1%以内
  • 出力電流:750mA保証
  • 入力電圧範囲:2.6V~5.5V
  • パワーオンリセット遅延:16.6ms (MAX1970)、または175ms (MAX1971およびMAX1972)
  • パワーフェイル出力(MAX1970およびMAX1972のみ)
  • パワーオンリセット入力(MAX1971のみ)
  • xDSL帯域外で動作
  • 超小型外付け部品使用の超小型設計
  • 出力電圧:可変(0.8V~VIN)、またはプリセット(1.8V/3.3Vおよび1.5V/2.5V)
  • オールセラミックコンデンサアプリケーション可能
  • ソフトスタートにより突入電流を低減

アプリケーション/用途

  • 銅線ギガビットSFPおよびGBICモジュール
  • デュアルLDOの代替
  • USB駆動機器
  • XDSLモデム
  • xDSLルータ

説明

デュアル出力の電流モードPWMバックレギュレータのMAX1970/MAX1971/MAX1972は2.6V~5.5V入力で動作し、各出力で最小750mAを供給します。MAX1970およびMAX1972は固定1.4MHzで動作し(MAX1971は700kHz)、出力インダクタとコンデンサのサイズ/コストを削減します。レギュレータを180°逆位相でスイッチングさせると、入力コンデンサのサイズとコストを削減することができます。セラミックコンデンサを入力/出力に使用することができます。

出力電圧は外付けフィードバック抵抗により1.2V~VINの範囲で設定可能で、また出力1を1.8Vまたは3.3Vに、出力2を1.5Vまたは2.5Vにプリセットすることもできます。一方の出力が1.2V以上の場合は、もう一方の出力を最低1V以下のレベルまで設定することができます。出力精度は、全負荷範囲、全入力電圧範囲、および全温度範囲にわたって±1%以内です。ソフトスタートを内蔵しているので、スタートアップ時の突入電流が低減されます。

全デバイスはパワーオンリセット(アクティブローPOR)機能を備えています。MAX1971はリセット入力(RSI)機能を備え、この機能によりRSIがローになってから175ms間、アクティブローPORをローにします。MAX1970およびMAX1972はオープンドレインパワーフェイル出力(PFO)を備え、この出力は入力電圧を監視し、入力電圧が3.94V以下に低下するとハイになります。USB電源供給xDSLモデムの場合は、この出力によりUSBの電源障害を検出することができます。また、1.2MHzの最低スイッチング周波数により、xDSL帯域外で動作することができます。

PowerMind™についての詳細

簡易ブロック図

MAX1970、MAX1971、MAX1972:標準動作回路 MAX1970、MAX1971、MAX1972:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。