先頭に戻る

MAX1955、MAX1956の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX1955、MAX1956の評価キット Aug 27, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 1.8Vおよび1.5Vの出力に設定
  • MAX1955の入力電源電圧範囲:2.25V~5.5V
  • MAX1956の入力電源電圧範囲:1.6V~5.5V
  • 1出力当りの最大電流:25A
  • 電圧マージニング:±4%
  • フォールドバック電流制限
  • 選択可能な電圧シーケンス
  • 出力ごとのオン/オフ制御
  • 外部クロックと同期可能
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • DSP、ASIC、µP、およびFPGA電源
  • サーバ
  • テレコムおよびネットワーク機器
  • ワイヤレス基地局

説明

MAX1955の評価キット(EVキット)は、デュアルPWMステップダウンコントローラのMAX1955を評価するための完全実装および試験済み回路ボードです。このボードにはMAX1955が実装されていますが、このボードを使ってMAX1956を評価することもできます。

このEVキットは2.25V~5.5Vの入力電源電圧範囲で動作するように構成され、それぞれ25Aを供給可能な1.8Vおよび1.5Vの出力を備えています。該当する外付け部品を変更すると、出力電圧を0.8V~0.9 x VINに設定することができます。MAX1956を使用すると、入力電源電圧範囲を1.6V~5.5Vに拡大することができます。

技術資料

データシート MAX1955、MAX1956の評価キット Aug 27, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。