先頭に戻る

1MHz、オールセラミック、2.6V~5.5V入力、2A PWMステップダウンDC-DCレギュレータ

10µFセラミックコンデンサしか必要としない、1MHz、オールセラミック、2.6V~5.5V入力、2A PWMステップダウンDC-DCレギュレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 0.385in²の小型回路実装面積
  • 10µFのセラミック入力/出力コンデンサ、2µHのインダクタ(1.5A出力)
  • 効率:94% (max)
  • 負荷、ライン、および温度の全範囲での出力精度:1% (MAX1951、最大1.5A)
  • 出力電流:2A保証
  • 2.6V~5.5V電源で動作
  • 可変出力:0.8V~VIN (MAX1951)
  • プリセット出力:1.8V (1.5%精度) (MAX1952)
  • ディジタルソフトスタート内蔵
  • 短絡/サーマル過負荷保護

アプリケーション/用途

  • ASIC/DSP/µP/FPGAコアおよびI/O電圧
  • セルラ基地局
  • ネットワーキングおよびテレコム
  • セットトップボックス

説明

高効率DC-DCステップダウンスイッチングレギュレータのMAX1951/MAX1952は、最大2Aの出力電流を供給します。これらのデバイスは、2.6V~5.5Vの入力電圧範囲で動作し、0.8V~VINの出力電圧を供給し、MAX1951/MAX1952は同一基板上のポストレギュレーションアプリケーションに最適となっています。MAX1951の総出力エラーは、全負荷、ライン、および温度で1%以下です。

MAX1951/MAX1952は、最大94%の効率で1MHzの固定周波数によって動作します。また、動作周波数が高いため、外付け部品のサイズを小さくすることができます。内蔵ソフトスタート制御回路は、突入電流を減少させます。さらに、短絡/サーマル過負荷保護によって、設計の信頼性が向上します。

MAX1951は0.8V~VINの可変出力を供給し、MAX1952は1.8Vのプリセット出力を供給します。両デバイスとも、省スペース8ピンSOパッケージで提供されます。

PowerMind™についての詳細

簡易ブロック図

MAX1951、MAX1952:標準動作回路 MAX1951、MAX1952:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。