先頭に戻る

MAX1932の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:4.5V~5.5V
  • 出力電圧範囲:40V~90V
  • 抵抗により出力範囲を調整可能
  • 過電流保護
  • SPI対応のシリアルインタフェース
  • メニュー方式ソフトウェア
  • Windows 95/98/2000対応ソフトウェア
  • 最低3Vの入力電圧に再設定可能(MAX1932 ICデータシートを参照)
  • 表面実装部品
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 光ファイバネットワーク機器
  • レーザ測距機
  • 光レシーバおよびモジュール
  • PINダイオードバイアス電源
  • テレコム機器

説明

MAX1932の評価キット(EVキット)は、完全実装および試験済み表面実装PCBです。このEVキットには、SPI™対応シリアルインタフェース付8ビットDACを内蔵するステップアップスイッチングレギュレータのMAX1932が搭載されています。ステップアップスイッチングレギュレータの出力は40V~90Vの電圧範囲に設定され、最大2mAを供給することができます。このEVキットは4.5V~5.5Vを供給するDC電源で駆動します。また、このEVキットは、最低3Vの入力電圧に再設定することができます。

SPI対応シリアルインタフェースは評価用にIBM互換PCのパラレルポートと接続することができます。Windows® 95/98/2000対応ソフトウェアでは、MAX1932のICの機能検証が容易なインタフェースを提供しています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンを備えたグラフィックインタフェースを備えています。

MAX1932のEVキットは、出力用の電流制限保護を備えています。MAX1932ではQFNパッケージと小型外付け部品によって、回路面積を0.6in x 0.9in以下にすることができます。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。