先頭に戻る

低出力電圧、800mA、PWMステップダウンDC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.75
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 0.8
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
2.03
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.75
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 0.8
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
2.03

主な特長

  • 出力電流:800mA
  • 出力電圧:0.75V~5V
  • 入力電圧範囲:2.6V~5.5V
  • パワーOK出力
  • ショットキダイオード不要
  • 選択可能な強制PWM動作
  • 1MHzの固定周波数PWM動作
  • 自己消費電流:140µA
  • ソフトスタート
  • 10ピンµMAXパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • バッテリ駆動機器
    • DSPコア電源
    • PDAおよびパームトップ
    • WCDMA携帯電話

    説明

    800mAステップダウンコンバータのMAX1927/MAX1928は、できるだけ高い効率を必要とする小型機器の低電圧マイクロプロセッサを駆動します。MAX1927/MAX1928は、小型外付け部品を使った高効率での低出力電圧(最低750mV)の生成に最適化されています。電源電圧範囲は2.6V~5.5Vで、保証最低出力電流は800mAです。また、1MHzパルス幅変調(PWM)スイッチングにより、外付け部品を小型化することができます。さらに、独自の制御方式を採用しているので、軽負荷でのリップルを少なくし、140µAの低自己消費電流を維持します。

    MAX1927/MAX1928は低オン抵抗MOSFETスイッチと同期整流器を内蔵し、効率の最大化と外付け部品点数の大幅削減を実現しています。外付けダイオードは不要です。また、100%デューティサイクル動作により、800mAでわずか340mVのドロップアウト電圧を実現しています。その他の機能として、ソフトスタート、パワーOK (POK)出力、およびあらゆる負荷電流に対してノイズを低減する選択可能な強制PWM動作があります。

    MAX1928は、1.5V (MAX1928-15)、1.8V (MAX1928-18)、および2.5V (MAX1928-25)にプリセットされた出力電圧で提供されます。MAX1927Rは、最低0.75Vの可変出力範囲を備えています。MAX1927/MAX1928は、小型10ピンµMAXパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    MAX1927、MAX1928:標準動作回路 MAX1927、MAX1928:標準動作回路 Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。