先頭に戻る

MAX1917の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1917の評価キット Oct 01, 2002

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • VTTおよびVTTRを1/2VDDRに自動設定
  • 出力電圧精度:±1%
  • 入力電圧範囲:2.5V~14V
  • 出力電流能力:7A
  • 電流をソース/シンク
  • スイッチング周波数:550kHz
  • 16ピンQSOPパッケージ
  • 薄型の部品
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • AGTLバス終端電源
  • 携帯電話基地局
  • DDRメモリ電源
  • デスクトップコンピュータ
  • ネットワーキングシステム
  • ノートブックコンピュータ
  • プロセッサまたはDSPコア電源
  • ストレージ

説明

MAX1917の評価キット(EVキット)は、MAX1917の標準7Aアプリケーション回路を検証します。このDC-DCコンバータは、DDRメモリ用の完全パワーマネージメントソリューションを提供します。このEVキットは、完全実装および試験済み回路基板です。MAX1917EVキットは、VTTおよびVTTR用安定化電圧(DDR入力で半分の電圧)を生成します。入力電圧範囲は、2.5V~14Vです。回路は7Aの出力電流を供給するように設定されています。このDC-DCコンバータは同期整流とともにバック(降圧)トポロジを使って90%以上の効率で低出力電圧を実現することができます。コンバータ出力は、電流のソースとシンクの両方が可能です。低電圧でのシンク能力は、インダクタ電流を反転させる同期整流器の使用に基づいています。このEVキットは550kHzのスイッチング周波数で動作し、DDRメモリ用のJEDEC規格に適合する卓越した負荷過渡応答特性を備えています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1917の評価キット Oct 01, 2002

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。