先頭に戻る

ノートブックCPU電源用、低コスト、集積オフセットロジック

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

主な特長

  • CPUコア電源用のシンプルで低コストなオフセット電圧制御
  • IMVP IIロジックインタフェース
  • 電源電圧:+3V~+5.5V
  • 低消費電流:30µA (max)
  • 8ピンµMAXパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • IMVP-IIノートブックコンピュータ用CPUコア電源

    説明

    MAX1888は、3オープンドレイン出力付きの3入力デコーダです。この製品はノートブックコンピュータのCPUコア電圧をオフセット調整するために、MAX1718または同種のDC-DCコントローラとともに使用します。MAX1888は低電圧ロジックとインタフェースするように設計されており、コントローラに3つの独立したオフセットをプログラムすることができます。この回路は超低コストで、8ピンµMAXパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    MAX1888:標準動作回路 MAX1888:標準動作回路 Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

    サンプルについて:
    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。