先頭に戻る

WCDMAセルラ電話、600mAバックレギュレータ

製品の詳細

低ドロップアウト、パルス幅変調(PWM) DC-DCステップダウンレギュレータのMAX1820/MAX1821は、WCDMA携帯電話用パワーアンプ(PA)の電源用に最適化されています。ただし、これらのデバイスは、高効率を優先する他の多くのアプリケーションにも使用することができます。電源電圧範囲は2.6V~5.5Vで、出力電流は600mAが保証されています。また、PWMスイッチングが1MHzであるため、外付け部品を小型化でき、スキップモードにより軽負荷時の自己消費電流を180µAに低減します。

MAX1820は、ダイナミック制御により0.4V~3.4Vの可変出力電圧を提供します。電圧および電流のフルスケールの変化に対して30µs以内に出力電圧が安定するように回路が設計されています。また、MAX1821は、外付け抵抗により1.25V~5.5Vの範囲の固定出力電圧に設定することができます。

MAX1820/MAX1821は低オン抵抗MOSFETスイッチと同期整流器を内蔵しているので、効率の最大化と外付け部品点数削減を実現します。また、100%デューティサイクル動作によって、600mA負荷でわずか150mVの低ドロップアウト(外付けインダクタの抵抗も含む)を達成しています。このデバイスは、10ピンµMAX®および小型3 x 4チップスケール(UCSP™)パッケージで提供されます。

主な機能

  • ダイナミック可変出力:0.4V~3.4V (MAX1820)
  • プログラマブル出力:1.25V~5.5V (MAX1821)
  • 13MHz外部クロックに同期(MAX1820X)
  • 19.8MHz外部クロックに同期(MAX1820Y)
  • 非同期の内蔵1MHz発振器(MAX1820Z)
  • 低自己消費電流
    スキップモード時:180µA (typ)
    シャットダウンモード時:0.1µA (typ)
  • 外付けショットキダイオード不要
  • 保証出力電流:600mA
  • デューティサイクル動作:0%~100%
  • ドロップアウト(600mA負荷時):150mV (外付けインダクタのRDCを含む)
  • パッケージ:µMAXまたはUCSP

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルカメラ
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • マイクロプロセッサコア電源
  • PCMCIAおよびネットワークカード
  • PDA、パームトップ、およびノートブックコンピュータ
  • WCDMA携帯電話パワーアンプ
Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 1.25
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 0.6
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
$1.93 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX1820、MAX1821:標準動作回路 MAX1820、MAX1821:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 1.25
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 0.6
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
$1.93 @1k

主な機能

  • ダイナミック可変出力:0.4V~3.4V (MAX1820)
  • プログラマブル出力:1.25V~5.5V (MAX1821)
  • 13MHz外部クロックに同期(MAX1820X)
  • 19.8MHz外部クロックに同期(MAX1820Y)
  • 非同期の内蔵1MHz発振器(MAX1820Z)
  • 低自己消費電流
    スキップモード時:180µA (typ)
    シャットダウンモード時:0.1µA (typ)
  • 外付けショットキダイオード不要
  • 保証出力電流:600mA
  • デューティサイクル動作:0%~100%
  • ドロップアウト(600mA負荷時):150mV (外付けインダクタのRDCを含む)
  • パッケージ:µMAXまたはUCSP

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルカメラ
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • マイクロプロセッサコア電源
  • PCMCIAおよびネットワークカード
  • PDA、パームトップ、およびノートブックコンピュータ
  • WCDMA携帯電話パワーアンプ

説明

低ドロップアウト、パルス幅変調(PWM) DC-DCステップダウンレギュレータのMAX1820/MAX1821は、WCDMA携帯電話用パワーアンプ(PA)の電源用に最適化されています。ただし、これらのデバイスは、高効率を優先する他の多くのアプリケーションにも使用することができます。電源電圧範囲は2.6V~5.5Vで、出力電流は600mAが保証されています。また、PWMスイッチングが1MHzであるため、外付け部品を小型化でき、スキップモードにより軽負荷時の自己消費電流を180µAに低減します。

MAX1820は、ダイナミック制御により0.4V~3.4Vの可変出力電圧を提供します。電圧および電流のフルスケールの変化に対して30µs以内に出力電圧が安定するように回路が設計されています。また、MAX1821は、外付け抵抗により1.25V~5.5Vの範囲の固定出力電圧に設定することができます。

MAX1820/MAX1821は低オン抵抗MOSFETスイッチと同期整流器を内蔵しているので、効率の最大化と外付け部品点数削減を実現します。また、100%デューティサイクル動作によって、600mA負荷でわずか150mVの低ドロップアウト(外付けインダクタの抵抗も含む)を達成しています。このデバイスは、10ピンµMAX®および小型3 x 4チップスケール(UCSP™)パッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX1820、MAX1821:標準動作回路 MAX1820、MAX1821:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。