先頭に戻る

MAX1813の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1813の評価キット Dec 03, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高速、高精度、および高効率
  • IMVP-II/Coppermine/AMD対応
  • 電圧ポジショニング出力
  • 出力コンデンサ点数:6点
  • 高速応答Quick-PWM™アーキテクチャ
  • 入力電圧範囲:7V~24V
  • 0.925V~2.0Vの出力電圧範囲(Coppermine/AMD、5ビットDAC)
  • 0.6V~1.75Vの出力電圧範囲(IMVP-II、5ビットDAC)
  • 負荷電流能力:22A
  • スイッチング周波数:300kHz
  • パワーグッド(PGOOD)インジケータ
  • 28ピンQSOPパッケージ
  • 薄型部品
  • 完全実装および試験済み
  • アプリケーション/用途

    • CPUコア電源
    • ドッキングステーション
    • ノートブックコンピュータ(IMVP-II/Coppermine)
    • シングルステージ(BATTからVCOREの)コンバータ
    • 2段(+5VからVCORE)コンバータ

    説明

    MAX1813の評価キット(EVキット)は、ハイパワーの、ダイナミック可変ノートブックCPUアプリケーション回路を検証します。このDC-DCコンバータは高電圧バッテリやACアダプタをステップダウンし、高精度低電圧CPUコアのVCCレイルを生成します。MAX1813のEVキットはIntel®モバイルCPUの過渡電圧規格(IMVP-II/Coppermine)に適合し、電圧ポジショニングによって出力コンデンサ要件を最小限にすることができます。MAX1813は、性能、バッテリ、およびサスペンドモードに対応する3個の固有の5ビットVID DACコードを入力できるマルチプレクサを内蔵しています。また、高精度スルーレート制御によって、新規DAC設定に「ジャストインタイム」で遷移できるので、バッテリを出入りするサージ電流を最小限に抑えることができます。

    この完全実装および試験済み回路ボードは、7V~24Vのバッテリ入力範囲からディジタル調整可能な0.6V~2.0Vの出力を供給し、最大出力電流22Aを供給します。このEVキットは300kHzスイッチング周波数で動作し、優れたライン/負荷過渡応答特性を備えています。

    簡易ブロック図

    Technical Docs

    データシート MAX1813の評価キット Dec 03, 2001

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。