先頭に戻る

MAX1809の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 出力電流:±3A
  • スイッチング周波数:最大1MHz
  • 最大効率:93%
  • 同期整流器により効率を向上
  • 可変出力電圧:+1.1V~VIN
  • 入力電圧範囲:+3V~+5.5V
  • ICシャットダウン電流:1µA以下(typ)
  • 表面実装構成
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • アクティブ終端バス(MAX1993)
  • DDRメモリ終端(MAX1993)

説明

MAX1809の評価キット(EVキット)は、+3V~+5.5V入力源から+1.1V出力電圧を供給します。また、このキットは、最大3Aの電流をソース/シンクします。MAX1809は最大1MHzで動作する同期整流器を内蔵したステップダウンスイッチングレギュレータで、外付け部品点数を最小限に減らします。さらに、このデバイスは、抵抗設定の固定オフタイム電流モード動作によって優れた負荷/ライン過渡応答を実現し、最大効率93%を達成します。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。