先頭に戻る

4.5V~76V、300mA、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータ

76V同期整流バックコンバータ、FET内蔵、高効率と低温度上昇を実現

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 76
VOUT1 (V) (min) 0.9
VOUT1 (V) (max) 67
IOUT1 (A) (max) 0.3
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (typ) 0.075
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 400
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
1.37
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 76
VOUT1 (V) (min) 0.9
VOUT1 (V) (max) 67
IOUT1 (A) (max) 0.3
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (typ) 0.075
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 400
Design Tools generateDesignEESIMUrl('https://maxim.transim.com/pwm2/designreq/Index?partId=24063', '')
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
1.37

主な特長

  • 外付け部品数および総コストを削減
    • ショットキー不要の同期整流動作
    • 内部補償部品
    • 全セラミックコンデンサ、小型レイアウト
  • DC-DCレギュレータの在庫数を削減
    • 広い入力電圧:4.5V~76V
    • 可変出力範囲:0.8V~VINの88%
    • 出力電流:最大300mA
    • 外部クロック同期を備えた可変スイッチング周波数:200kHz、300kHz、400kHz、および600kHz
  • 消費電力を低減
    • ピーク効率:93%
    • PFMモードによって軽負荷効率の向上を実現
    • EXTVCCブートストラップ入力によって効率の向上を実現
    • シャットダウン電流:5µA
  • 過酷な産業環境で信頼性の高い動作
    • ヒカップモード過負荷保護内蔵
    • 可変ソフトスタートとプリバイアス起動
    • 出力電圧監視内蔵(アクティブローRESET)
    • 設定可能なEN/UVLOスレッショルド
    • 過熱保護
    • CISPR 22 Class B準拠
    • 広い周囲動作温度範囲:-40℃~+125℃/ジャンクション温度範囲:-40℃~+150℃

アプリケーション/用途

  • 産業制御用電源
  • 汎用PoL (Point of Load)
  • 分散電源レギュレーション
  • 基地局電源
  • ACアダプタトランスレギュレーション
  • 高電圧シングルボードシステム

説明

Himalayaシリーズの電圧レギュレータIC、パワーモジュール、およびチャージャは、より低温、小型、簡素な電源ソリューションを実現します。MAX17760は高効率、高電圧、Himalaya同期整流ステップダウンDC-DCコンバータで、MOSFETを内蔵し、4.5V~76Vの入力電圧範囲で動作します。このデバイスは最大300mAの電流を供給可能です。出力電圧は0.8V~入力電圧(VIN)の88%に設定可能です。制御ループ補償を内蔵しているため、外付け部品は不要です。

MAX17760は、ピーク電流モード制御アーキテクチャを採用しています。このデバイスは、強制パルス幅変調(PWM)またはパルス周波数変調(PFM)制御方式での動作が可能です。強制PWMモードは周波数に敏感なアプリケーション用に全負荷で一定の周波数動作を提供し、PFMモードはパルスをスキップすることによって優れた軽負荷効率を提供します。このデバイスは、オープンドレインのアクティブローRESET出力電圧モニタ、調整可能な入力低電圧ロックアウト(EN/UVLO)、および設定可能なソフトスタートを備えています。

-40℃~+125℃でのフィードバック電圧の安定化精度は+1.6%~-1.7%です。MAX17760は、小型12ピンTDFNパッケージ(3mm × 3mm)で提供されます。シミュレーションモデルが利用可能です。

簡易ブロック図

MAX17760:簡易アプリケーション回路 MAX17760:簡易アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。