先頭に戻る

高効率、10ピンµMAXパッケージ、ノートブック用ステップダウンコントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高動作周波数:300kHz
  • 電流検出抵抗なし
  • 高精度電流リミット
  • 全ライン範囲および連続導通中の全DC精度:±1%
  • デュアルモードの固定出力
    • 1.8V/2.5V/可変(MAX1762)
    • 3.3V/5.0V/可変(MAX1791)
  • 出力可変範囲:0.5V~5.5V
  • 入力範囲:5V~20V
  • 軽負荷において自動的にパルススキップ動作に移行
  • フリーランニングのオンデマンドPWM
  • Foldback Mode™のUVLO
  • PFET/NFET同期ステップダウン
  • リニアレギュレータ出力:4.65V (@25mA)
  • シャットダウン消費電流:5µA
  • 自己消費電流:230µA
  • パッケージ:10ピンµMAX

アプリケーション/用途

  • 2-Wayページャ
  • アナログ携帯電話
  • デジタル携帯電話
  • デジタルスチルカメラ
  • ノートブックコンピュータ

説明

MAX1762/MAX1791は、高電圧バッテリをステップダウンしてノートブックコンピュータおよびPDAの低電圧CPUコア電源、I/OおよびチップセットRAM電源を生成する、高効率、優れた過渡応答、および高DC出力精度を備えたパルス幅変調(PWM)ステップダウンコントローラです。

マキシム独自のQuick-PWM™は、入力フィードフォワード付きのフリーランニング一定オン時間を特長としています。動作周波数が高いため(300kHz)、サブノートブックコンピュータやスマート電話等のプリント基板面積の限られたアプリケーションにおいて、小型外付部品の使用を可能にします。重負荷時にはPWM動作となり、軽負荷時には自動的にパルススキップ動作に切り替わります。外部ハイサイドPチャネルおよびローサイドnチャネルMOSFETはブートストラップ部品を必要としません。MAX1762/MAX1791はシンプルで補償しやすく、さらに従来の固定周波数電流モードPWMとは異なり、ノイズ耐性に優れています。

これらのデバイスは、従来の電流モードPWMから電流検出抵抗を除去することにより、低コストで高い効率を達成しています。しかも、同期整流器MOSFETを駆動する能力により、効率がさらに改善されています。MAX1762/MAX1791は10ピンµMAX®パッケージで提供されており、各素子が2つの固定電圧(Dual Mode™)を提供しています(MAX1762は1.8V/2.5V/可変、MAX1791は3.3V/5.0V/可変)。

簡易ブロック図

MAX1762、MAX1791:標準動作回路 MAX1762、MAX1791:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。