先頭に戻る

0.8A、低ノイズ、1MHz、ステップアップDC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 効率:最大94%
  • 入力範囲:0.7V~5.5V
  • 出力:最大800mA
  • 出力:固定3.3V (または可変2.5V~5.5V)
  • PWM同期整流トポロジー
  • 低ノイズ一定周波数動作(1MHz)
  • 0.1µAロジック制御シャットダウン
  • 同期可能なスイッチング周波数
  • 可変電流リミット
  • 可変ソフトスタート
  • パッケージ:10ピンµMAX
  • パッケージ:10ピンTDFN (3mm x 3mm)

アプリケーション/用途

  • デジタルコードレス電話
  • ハンドヘルド機器
  • パームトップコンピュータ
  • PCS電話
  • パーソナルコミュニケータ
  • 2-Wayページャ
  • ワイヤレス端末

説明

MAX1760/MAX1760Hは、高効率、低ノイズのステップアップDC-DCコンバータで、バッテリ駆動ワイヤレスアプリケーションに適しています。これらのデバイスは、自己消費電流が100µAと低く、1MHzの高い動作周波数で動作します。外付部品が小さく、小型10ピンTDFNおよびµMAX®パッケージを使用しているため、小型ハンドヘルドアプリケーションに最適です。MAX1760はロジックローのアクティブローONシグナルで起動するのに対して、MAX1760HはロジックハイのON入力で起動します。

これらのデバイスは、同期整流パルス幅変調(PWM)ブーストトポロジを使用することにより、1~3セルのアルカリまたはNiCd/NiMH、1セルのリチウムイオン(Li+)電池等の広範囲の入力ソースから2.5V~5.5V出力を発生します。マキシム独自のIdle Mode™回路は、軽負荷時の効率を大幅に改善し、負荷電流が大きくなると固定周波数PWM動作にスムーズに移行します。

MAX1760/MAX1760Hは、全ての負荷電流において一定周波数動作を必要とするアプリケーション用に、低ノイズ強制PWMモードを提供しています。また、PWM動作は、敏感な通信機器の周波数帯域を保護するために、外部クロックに同期させることができます。更に、アナログソフトスタートおよび可変電流リミットにより、効率、外付部品サイズおよび出力電圧リップルを最適化することができます。

簡易ブロック図

MAX1760、MAX1760H:標準動作回路 MAX1760、MAX1760H:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。