先頭に戻る

5A、2.4V~5.5V入力、高効率電源モジュール

高集積DC-DC電源モジュールで、設計を容易にし、かつ小型実装面積のソリューションを実現

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 完全なスイッチング電源を1つのパッケージに封止
  • 入力電圧範囲:2.4V~5.5V
  • 設定可能な出力電圧:0.75V~3.6V
  • 自動切り替え軽負荷パルススキップモード
  • 障害保護
    • 出力過電圧保護
    • 出力低電圧保護
    • 熱障害保護
    • ピーク電流制限
  • イネーブル入力
  • 高効率:94% (max)
  • パワーグッド出力
  • 電圧制御の内部ソフトスタート
  • ハイインピーダンスシャットダウン
  • シャットダウン電流:1µA以下
  • EN55022 (CISPR22)クラスB放射および伝導EMI規格に適合

アプリケーション/用途

  • ATE機器
  • 基地局ポイントオブロードレギュレータ
  • FPGAおよびDSPポイントオブロードレギュレータ
  • 産業用制御機器
  • 医療用機器
  • サーバ

説明

MAX17515は、放熱効率の高いシステムインパッケージ(SiP)に封止された、固定周波数、ステップダウン電源モジュールで、2.4V~5.5Vの入力電源電圧で動作し、最大5Aの出力電流を供給します。このデバイスは、スイッチング電源コントローラ、デュアルnチャネルMOSFETパワースイッチ、完全にシールドされたインダクタ、および補償部品を内蔵しています。このデバイスは、0.75V~3.6Vの設定可能な出力電圧に対応します。高レベルの集積によって、設計の複雑性、製造のリスクを大幅に低減し、真の「プラグ&プレイ」電源ソリューションを提供し、開発期間を短縮します。

このデバイスは固定1MHzで動作するため、必要な入力および出力コンデンサのサイズが小型になります。エラーアンプ出力での内部固定利得は一定のため、出力電圧は負荷電流を基準として設定されます。固定内部デジタルソフトスタートは、起動時の入力突入電流を制限します。また、このデバイスは軽負荷時にはパルススキップモードで動作して、軽負荷効率を向上させます。

MAX17515は放熱特性を高めた、小型28ピンSiPパッケージ(10mm × 6.5mm × 2.8mm)で提供され、-40℃~+85℃の工業用温度範囲で動作可能です。

簡易ブロック図

MAX17515:ファンクションダイアグラム MAX17515:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。