先頭に戻る

4.5V~60V、2.5A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータ、内部補償付き

業界唯一60V、2.5A内部FET同期整流バックコンバータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 外付け部品の排除による総コストの削減
    • ショットキーなしの同期動作による高効率とコストの削減
    • 内部補償によってすべての出力電圧で安定した動作
    • 全セラミックコンデンサソリューション:わずか8つの外付け部品による超小型レイアウト
  • DC-DCレギュレータの在庫数削減
    • 広い入力電圧範囲:4.5V~60V
    • 出力電圧:0.9V~90%VIN
    • 全温度範囲で最大2.5Aを供給
    • 外部クロック同期によって調整可能な周波数:100kHz~2.2MHz
    • MAX17503Sはより高い周波数動作を実現
    • 4mm x 4mmの20ピンTQFN-EPパッケージで提供
  • 消費電力を低減
    • ピーク効率:94%
    • PFMおよびDCMモードによって軽負荷時の高効率を実現
    • シャットダウン電流:2.8µA (typ)
  • 高信頼性動作
    • ヒカップモード電流制限およびオートリトライ起動
    • 出力電圧監視内蔵(オープンドレインアクティブローRESET端子)
    • 抵抗で設定可能なEN/UVLOスレッショルド
    • 可変ソフトスタートとプリバイアスパワーアップ
    • -40℃~+125℃の広い周囲動作温度範囲/-40℃~+150℃のジャンクション温度範囲

アプリケーション/用途

  • 基地局電源
  • 分散電源レギュレーション
  • 汎用PoL (Point-of-Load)
  • 高電圧シングルボードシステム
  • 産業用電源
  • ACアダプタトランスレギュレーション

説明

Himalayaシリーズの電圧レギュレータIC、パワーモジュール、およびチャージャは、より低温、小型、簡素な電源ソリューションを実現します。デュアルMOSFETを内蔵した高効率、高電圧、同期整流ステップダウンコンバータのMAX17503/MAX17503Sは、4.5V~60V入力で動作します。このデバイスは、最大2.5Aと0.9V~90%VIN出力電圧を供給します。全出力電圧範囲での内部補償によって、外付け部品が不要です。-40℃~+125℃でのフィードバック(FB)のレギュレーション精度は±1.1%です。このデバイスは、エクスポーズドパッドを備えた鉛(Pb)フリーの小型(4mm x 4mm) TQFN-EPパッケージで提供されます。シミュレーションモデルが利用可能です。

このデバイスはピーク電流モード制御アーキテクチャを採用し、MODE機能を使用してパルス幅変調(PWM)、パルス周波数変調(PFM)、または断続コンダクションモード(DCM)制御方式でデバイスを動作させることができます。PWM動作は全負荷にわたって一定の周波数を提供するため、スイッチング周波数に敏感なアプリケーションで役立ちます。PFM動作は負のインダクタ電流を抑止し、さらに軽負荷時にはパルスをスキップして高効率を実現します。DCMは、軽負荷時に、パルスのスキップではなく、負のインダクタ電流をディセーブルにするだけで、PFMモードよりもさらに軽負荷まで一定の周波数動作を提供します。DCM動作は、PWMモードとPFMモードの間に位置する効率性能を提供します。MAX17503Sはより短い最小オン時間を提供し、より高いスイッチング周波数とより小型のソリューションが実現されます。

設定可能なソフトスタート機能によって、入力の突入電流を低減することができます。また、所望の入力電圧レベルでデバイスをオンにすることができる出力イネーブル/入力低電圧ロックアウト端子(EN/UVLO)も備えています。出力電圧の安定化を問題なく達成すると、オープンドレインアクティブローRESET端子は、出力電圧が正常に安定化されことを示す遅延を備えたパワーグッド信号をシステムに提供します。

類似製品のMAX17504のデータシートの日本語版がございますのでご参照ください。

簡易ブロック図

MAX17503:標準アプリケーション回路 MAX17503:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。