先頭に戻る

低電圧、ステップダウンDC-DCコンバ―タ、SOT23

低電圧ロジック電源用、高効率DC-DCソリューション

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 1.25
VOUT1 (V) (max) 2
IOUT1 (A) (max) 0.25
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1200
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
2.11
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 1.25
VOUT1 (V) (max) 2
IOUT1 (A) (max) 0.25
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1200
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
2.11

主な特長

  • 保証出力電流:250mA
  • 同期整流器による90%以上の効率
  • パッケージ:小型5ピンSOT23
  • 自己消費電流:40µA
  • ロジック制御シャットダウン:0.01µA
  • スイッチング周波数:最大1.2MHz
  • 固定出力電圧:1.8Vまたは1.5V (MAX1734)
  • 可変出力電圧(MAX1733)
  • 初期精度:±1.5%
  • 入力範囲:2.7V~5.5V
  • ソフトスタートによるスタートアップ時電流の制限

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • 民生用オーディオ
  • デジタルスチルカメラ
  • 全地球測位システム(GPS)
  • パームトップコンピュータ
  • POS端末
  • ワイヤレスデータ
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)

説明

MAX1733/MAX1734は、最低1.25Vの出力電圧で250mA以上の電流を出力するステップダウンDC-DCコンバータです。これらのコンバータは、マキシム独自のユニークな電流制限制御方式を使用することにより90%以上の効率を達成しています。これらの素子は非常に低い自己消費電流(40µA)と1.2MHz (max)の高い動作周波数により、小型で低コストの外付部品の使用を可能にしています。これらの機能の組合せにより、MAX1733/MAX1734はスペースの厳しいアプリケーションにおいてリニアレギュレータの代替品となる優れた高効率デバイスとなっています。

内部同期整流が効率を大幅に向上し、従来のステップダウンコンバータに必要とされた外付ショットキダイオードを不要にします。更に、MAX1733/MAX1734はいずれも内部ディジタルソフトスタート回路を備えており、スタートアップ時の入力電流を制限し、入力コンデンサの要件を緩和します。

MAX1733は可変出力電圧(1.25V~2.0V)を提供します。MAX1734は工場出荷時に設定された出力電圧を提供します(フルデータシートの「選択ガイド」を参照)。MAX1733/MAX1734はどちらも省スペースの5ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX1733、MAX1734:標準動作回路 MAX1733、MAX1734:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。