先頭に戻る

高性能、ステップアップ、DC-DCコンバータ

24Vまでの過電圧保護を提供する高効率ブーストコンバータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.6
VOUT1 (V) (max) 20
IOUT1 (A) (max) 0.6
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
ICC (mA) (typ) 0.3
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 160
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 250
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.04
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 高性能、ステップアップ、DC-DCコンバータ Feb 20, 2009
アプリケーションノート True-Shutdown Circuit

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.6
VOUT1 (V) (max) 20
IOUT1 (A) (max) 0.6
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
ICC (mA) (typ) 0.3
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 160
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 250
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.04

主な特長

  • 入力過電圧保護
  • 可変出力:VIN~20V
  • 入力電源電圧範囲:2.6V~5.5V
  • 入力電源低電圧ロックアウト
  • 固定スイッチング周波数:1MHz
  • 設定可能なソフトスタート
  • 小型10ピンTDFNパッケージ
  • 熱過負荷保護

アプリケーション/用途

  • LCDモニタパネル
  • ノートブックコンピュータのディスプレイ

説明

MAX17112は、アクティブマトリクス、薄膜トランジスタ(TFT)液晶ディスプレイ(LCD)に安定化された電源電圧を提供する、高性能、ステップアップDC-DCコンバータです。MAX17112は、電流モード、固定周波数(1MHz)、パルス幅変調(PWM)回路と、nチャネルパワーMOSFETを内蔵しており、高い効率と高速負荷応答を実現します。入力過電圧保護(OVP)機能は、(24Vまでの)入力サージ電圧による損傷からMAX17112を保護します。

高スイッチング周波数(1MHz)であるため、超小型インダクタと低ESRのセラミックコンデンサの使用が可能です。電流モードアーキテクチャは、パルス状の負荷に対して高速の過渡応答を提供します。補償端子(COMP)によって、ユーザはループダイナミクスの調整を柔軟に行うことができます。内蔵MOSFETは、2.6V~5.5Vの入力電圧で最大20Vの出力電圧を生成することができます。

ソフトスタートは入力電流をゆっくりと立上げ、外付けコンデンサで設定可能です。MAX17112は、10ピンTDFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX17112:標準動作回路 MAX17112:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート 高性能、ステップアップ、DC-DCコンバータ Feb 20, 2009
アプリケーションノート True-Shutdown Circuit

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。