先頭に戻る

AMDモバイルシリアルVIDデュアルフェーズ固定周波数コントローラ

AMDのシリアルVIDインタフェース(SVI) CPUコア電源用、2位相固定周波数コントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • デュアル出力固定周波数コア電源コントローラ
  • 起動時に分割または結合出力を検出
  • NBコントローラ用のリファレンスバッファ出力
  • VOUT精度:±0.4% (全ライン、負荷、および温度範囲)
  • AMD SVI対応シリアルインタフェース
  • 7ビット内蔵DAC:0~+1.550Vの出力調整範囲
  • ダイナミック位相選択によってアクティブ/スリープ効率を最適化
  • 過渡的な位相反復によって出力容量を低減
  • 真の逆位相動作によって入力容量を低減
  • ブーストスイッチ内蔵
  • 設定可能なACおよびDCドループ
  • 設定可能なスイッチング周波数:100kHz~1.2MHz
  • 高精度の電流バランスおよび電流制限
  • 調整可能なスルーレート制御
  • パワーグッド(PWRGD)および過熱フォルト(アクティブローVRHOT)出力
  • システムパワーOK (PGD_IN)入力
  • 大型同期整流MOSFETを駆動
  • バッテリ入力電圧範囲:4V~26V
  • 過電圧、低電圧、および過熱フォルト保護
  • パワーシーケンスおよびタイミング
  • ソフトスタートアップおよびソフトシャットダウン
  • シャットダウン電流:1µA (typ)以下

アプリケーション/用途

  • モバイルAMD SVIコア電源
  • マルチ位相CPUコア電源
  • ノートブック/デスクトップコンピュータ
  • 電圧ポジション、ステップダウンコンバータ

説明

MAX17009は、AMDのシリアルVIDインタフェース(SVI) CPUコア電源用の2位相、ステップダウンインタリーブ、固定周波数コントローラです。CPUのパワーオン検出はMAX17009を、デュアルCPUコアアプリケーションの場合は2つの独立した単位相レギュレータとして、ユニファイドコアアプリケーションの場合は1つの大電流、デュアルフェーズ、結合出力レギュレータとして構成します。リファレンスバッファ出力(NBV_BUF)は、ノースブリッジ(NB)レギュレータの電圧レギュレーションレベルを設定し、全CPUコアとNB電力要件を満たします。

MAX17009は、AMD SVIに完全に対応しています。出力電圧は、2線式シリアルインタフェースを通じてダイナミックに変化するため、スイッチングレギュレータとリファレンスバッファをさまざまな電圧に個別にプログラムすることができます。設定可能なスルーレートコントローラが、VIDコード間の制御された遷移を確保します。ソフトスタートが突入電流を制限し、ソフトシャットダウンが負のリンギングなしで出力電圧をゼロに戻します。

過渡的な位相反復が、固定周波数アーキテクチャの応答を向上させます。個別に設定可能なACおよびDCドループと、選択可能なオフセットが安定性を向上させ、総出力容量要件を小さくします。サーミスタベースの温度センサーが、設定可能な過熱フォルト出力(アクティブローVRHOT)を可能にします。MAX17009は、過熱フォルト保護、低電圧保護(UVP)、および選択可能な出力過電圧保護(OVP)を備えています。これらの保護機能のいずれかがフォルトを検出すると、コントローラはシャットダウンします。真の差動電流検出が、電流制限、負荷ライン精度、および結合モード動作時の電流バランスを向上させます。MAX17009は、調整可能なスイッチング周波数を備えており、位相当り100kHz~1.2MHzの動作が可能です。

簡易ブロック図

MAX17009:ピン配置 MAX17009:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。