先頭に戻る

36V、3.5A、2.2MHzステップダウンコンバータ、自己消費電流28µA

3.5A、36V、2MHz車載バックコンバータ、低IQおよびEMI管理内蔵

製品の詳細

MAX16935/MAX16939は、ハイサイドおよびローサイドMOSFET内蔵の3.5A電流モードステップダウンコンバータで、効率を向上するために、外付けショットキーダイオードで動作するように設計されています。ローサイドMOSFETによって、軽負荷アプリケーションでの固定周波数強制PWM (FPWM)動作が可能です。これらのデバイスは、3.5V~36Vの入力電圧で動作し、無負荷時の自己消費電流はわずか28µAです。スイッチング周波数は、抵抗を使用して220kHz~2.2MHzの範囲に設定可能で、外部クロックに同期させることができます。これらのデバイスの出力電圧は、3.3V/5Vの固定または1V~10Vの範囲で可変可能です。広い入力電圧範囲を備えるとともに、低電圧過渡時に98%デューティサイクルで動作可能であるため、これらのデバイスは車載および産業アプリケーションに最適です。

軽負荷アプリケーションでは、FSYNCロジック入力によって、消費電流を低減するスキップモード、または周波数変動を除去しEMIを最小限に抑える固定周波数FPWMモードのいずれかでデバイスを動作させることができます。固定周波数FPWMモードは、厳密な放射制御が必要なRFトランシーバ用の電源を設計する場合に非常に役立ちます。保護機能には、サイクル単位の電流制限と、自動リカバリを備えたサーマルシャットダウンがあります。その他の機能には、電源シーケンスを簡素化するパワーグッドモニタや、複数のデバイスによるカスケード電源を作成するSYNCOUTでの内部発振器に相対する180°逆位相クロック出力があります。

MAX16935/MAX16939は-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作し、16ピンTQFN-EPパッケージ(5mm x 5mm)および16ピンTSSOP-EPパッケージで提供されます。

主な機能

  • 高集積化と高スイッチング周波数によってスペースを節約
    • 3.5Aハイサイドスイッチ内蔵
    • 低BOM数の電流モード制御アーキテクチャ
    • 精度±2%の固定出力電圧、または外付け抵抗による可変(1V~10V)
    • 3つの動作モード(スキップモード、強制固定周波数動作、および外部周波数同期)を備えたスイッチング周波数:220kHz~2.2MHz
    • 自動LXスルーレート調整によって全動作周波数範囲で最適な効率が可能
  • SYNCOUTでの180°逆位相クロック出力によって電力出力増加のためのカスケード電源が可能
  • スペクトラム拡散周波数変調によってEMI放射を低減
  • 車載用アプリケーションに対応する広い入力電圧範囲
    • 入力電圧範囲:3.5V~36V
    • イネーブル入力:42Vまで3.3Vロジックレベルに対応
  • 広範な車載用アプリケーションに対応する堅牢な性能
    • 自動車用温度範囲:-40℃~+125℃
    • サーマルシャットダウン保護
    • AEC-Q100認定
  • パワーグッド出力によって電源シーケンスが可能
  • 厳密な過電圧保護によってより小さいオーバーシュート電圧を実現(MAX16939)

アプリケーション/用途

  • DC分散電源システム
  • ナビゲーションおよびラジオヘッドユニット
  • PoL (ポイントオブロード)アプリケーション
Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 42
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 10
IOUT1 (A) (max) 3.5
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 200
2200
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$1.67 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX16935:標準アプリケーション回路 MAX16935:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX16935の評価キット(EVキット)は、低動作電流を備えた高電圧、電流モードステップダウンコンバータのMAX16935を実証します。このEVキットは広い3.5V~36Vの入力範囲で動作し、出力は3.5Aで5Vに設定されています。
このEVキットには、MAX16935RAUE/V+が実装されています。

詳細を見る

特長

  • 広い入力電源範囲:3.5V~36V
  • 強制PWMまたはスキップモード動作
  • 設定可能なスイッチング周波数
  • パワーグッド出力
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

ツールおよびモデル

EE-Sim: 設計およびシミュレーションMAX16935

デザインを作成する

シミュレーションモデル

MAX16935 SIMPLIS Schematic

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 42
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 10
IOUT1 (A) (max) 3.5
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 200
2200
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$1.67 @1k

主な機能

  • 高集積化と高スイッチング周波数によってスペースを節約
    • 3.5Aハイサイドスイッチ内蔵
    • 低BOM数の電流モード制御アーキテクチャ
    • 精度±2%の固定出力電圧、または外付け抵抗による可変(1V~10V)
    • 3つの動作モード(スキップモード、強制固定周波数動作、および外部周波数同期)を備えたスイッチング周波数:220kHz~2.2MHz
    • 自動LXスルーレート調整によって全動作周波数範囲で最適な効率が可能
  • SYNCOUTでの180°逆位相クロック出力によって電力出力増加のためのカスケード電源が可能
  • スペクトラム拡散周波数変調によってEMI放射を低減
  • 車載用アプリケーションに対応する広い入力電圧範囲
    • 入力電圧範囲:3.5V~36V
    • イネーブル入力:42Vまで3.3Vロジックレベルに対応
  • 広範な車載用アプリケーションに対応する堅牢な性能
    • 自動車用温度範囲:-40℃~+125℃
    • サーマルシャットダウン保護
    • AEC-Q100認定
  • パワーグッド出力によって電源シーケンスが可能
  • 厳密な過電圧保護によってより小さいオーバーシュート電圧を実現(MAX16939)

アプリケーション/用途

  • DC分散電源システム
  • ナビゲーションおよびラジオヘッドユニット
  • PoL (ポイントオブロード)アプリケーション

説明

MAX16935/MAX16939は、ハイサイドおよびローサイドMOSFET内蔵の3.5A電流モードステップダウンコンバータで、効率を向上するために、外付けショットキーダイオードで動作するように設計されています。ローサイドMOSFETによって、軽負荷アプリケーションでの固定周波数強制PWM (FPWM)動作が可能です。これらのデバイスは、3.5V~36Vの入力電圧で動作し、無負荷時の自己消費電流はわずか28µAです。スイッチング周波数は、抵抗を使用して220kHz~2.2MHzの範囲に設定可能で、外部クロックに同期させることができます。これらのデバイスの出力電圧は、3.3V/5Vの固定または1V~10Vの範囲で可変可能です。広い入力電圧範囲を備えるとともに、低電圧過渡時に98%デューティサイクルで動作可能であるため、これらのデバイスは車載および産業アプリケーションに最適です。

軽負荷アプリケーションでは、FSYNCロジック入力によって、消費電流を低減するスキップモード、または周波数変動を除去しEMIを最小限に抑える固定周波数FPWMモードのいずれかでデバイスを動作させることができます。固定周波数FPWMモードは、厳密な放射制御が必要なRFトランシーバ用の電源を設計する場合に非常に役立ちます。保護機能には、サイクル単位の電流制限と、自動リカバリを備えたサーマルシャットダウンがあります。その他の機能には、電源シーケンスを簡素化するパワーグッドモニタや、複数のデバイスによるカスケード電源を作成するSYNCOUTでの内部発振器に相対する180°逆位相クロック出力があります。

MAX16935/MAX16939は-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作し、16ピンTQFN-EPパッケージ(5mm x 5mm)および16ピンTSSOP-EPパッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX16935:標準アプリケーション回路 MAX16935:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。