先頭に戻る

2.2MHz、36V、デュアルバック、自己消費電流20µA

基板スペースを削減し、車載OEM消費電力要件に適合する低IQ、高周波、デュアルバックコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 36
VOUT1 (V) (min) 1
VOUT1 (V) (max) 10
IOUT1 (A) (max) 10
Switch Type External
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 1000
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
4.34
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

主な特長

  • 厳しいOEMモジュールの消費電力および性能仕様に適合
    • スキップモード自己消費電流:20µA
    • 出力電圧精度:±1% (5.0V/3.3V固定、または1V~10Vで調整可能)
  • クランク対応設計を実現
    • 広い入力電源範囲:3.5V~36V
  • EMI低減機能によって広い入力電圧範囲を犠牲にすることなく敏感な無線帯域への干渉を抑制
    • 50ns (typ)の最小オン時間によってカーバッテリからの3.3V出力(2.2MHz時)用のスキップなしの動作を保証
    • スペクトラム拡散オプション
    • 周波数同期入力
    • 抵抗設定可能な周波数:200kHz~2.2MHz
  • 高集積化と放熱特性を高めたパッケージによって基板スペースとコストを削減
    • デュアル、2MHzステップダウンコントローラ
    • 180°逆位相動作
    • 強制連続モードおよびスキップモードを備えた電流モードコントローラ
    • 放熱特性を高めた28ピンTQFN-EPパッケージ
  • 保護機能によってシステム信頼性を向上
    • 電源の過電圧および低電圧ロックアウト
    • 過熱および短絡保護

アプリケーション/用途

  • DC分散電源システム
  • ナビゲーションおよびラジオヘッドユニット
  • 車載電源用POLアプリケーション

説明

MAX16932/MAX16933は、無負荷時の自己消費電流がわずか20µAの2つの高電圧、同期整流ステップダウンコントローラを提供します。これらのデバイスは3.5V~42Vの入力電圧で動作し、95%デューティサイクルで動作することによってドロップアウト状態で動作可能です。これらのデバイスは、車載アプリケーションなどの、中~高の電力要件を持ち2つの個別に制御される出力を必要とするアプリケーションを対象としています。

ステップダウンコントローラのMAX16932/MAX16933は、入力リップルを低減するために180°逆位相で動作します。また、これらのデバイスは最大2.2MHzのスイッチング周波数で動作するため、小型の外付け部品の使用が可能で、AM帯域の干渉がないことが保証されます。FSYNC入力によって、強制固定周波数動作、超低自己消費電流(20µA)のスキップモード、および外部クロックへの同期という3つの周波数モードに設定可能で、性能を最適化することができます。これらのデバイスは、EMI干渉を最小限に抑えるスペクトラム拡散オプションを提供します。

これらのデバイスは、パワーOKモニタおよび過電圧/低電圧ロックアウトも備えています。保護機能としては、サイクル単位の電流制限とサーマルシャットダウンが含まれます。

これらのデバイスは28ピンTQFN-EPパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX16932、MAX16933:標準動作回路 MAX16932、MAX16933:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。