先頭に戻る

VR13.HCおよびAIコアデュアル出力電圧レギュレータチップセット

超高効率ソリューション、Intel VR13.HCサーバーCPUに必要な高密度電源に最適

製品の詳細

主な特長

非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 16
VOUT1 (V) (min) 0.25
Preset VOUT (V) 0.8
Output Adjust. Method Digital/VID
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 400
Package/Pins QFN/56
Budgetary
Price (See Notes)
3.58

主な特長

  • 高電力密度および高効率
    • スマートパワー段対応:MAX20778/A、MAX20779/A/B/C、MAX20780、MAX20790、MAX16604
    • 最高水準の効率:ピーク効率95.6% (1.8VOUT)
    • 入力パワーモニタ内蔵
  • PMBusを介したテレメトリ
    • デジタル設定可能な設定
    • 入力電圧、電流、および電力監視
    • パワー段の温度監視および報告
  • 高度なパワーマネージメント
    • 自律的な位相シェディング
    • 直交電流リバランスによって過渡時の位相電流バランスを実現
    • 低自己消費電流によって軽負荷時およびスタンバイ時の効率を向上
  • 保護機能
    • 入力およびバイアス電源低電圧保護
    • 過電流保護
    • クリティカルフォルトフラグ出力端子

アプリケーション/用途

  • 高電流多相電圧レギュレータ
  • - AIコアおよびXPU
  • - VR13.HC CPUおよびメモリ
  • - グラフィックスプロセッサ
  • - ネットワーク用ASIC
  • サーバーおよびワークステーション
  • エンタープライズストレージ
  • 通信およびネットワーク機器電源

説明

MAX16602 ICは、AIコアまたはIntel® VR13.HCサーバーCPUに給電するための高密度、柔軟、および拡張可能なソリューションを提供します。このマキシムのコントローラICは、結合インダクタおよびスマートパワー段ICを使って、強化された過渡応答と低自己消費電流を備えた高効率コアレギュレータを実装します。追加の単相出力は、単相スマートパワー段を使用してシステムのVSAレールを生成します。完全な回路は、非常に効率的な(8+1)多相同期整流バックコンバータで、広範なステータスおよびパラメータ測定機能を備えています。また、このコントローラはPWM並列化にも対応し、最大16相を制御します。適切なスマートパワー段ICを選択した1つの、拡張可能なPCB設計を使用して、広範囲の電流定格を備えたレギュレータを作ることができます。

このICのアーキテクチャは設計を簡素化し、部品数を削減し、高度なパワーマネージメントとテレメトリを実現し、全負荷範囲にわたってエネルギーの節約を向上させます。自律的な位相シェディングが実装され、全負荷範囲にわたって高効率を維持します。

保護およびシャットダウンに関するレギュレータのパラメータは、PMBusプロトコルを使用してシリアルインタフェースを介して設定および監視することができます。各スマートパワーIC段のパワー段フォルト、入力/出力電圧、入力/出力電流、入力電力、および温度をシリアルインタフェース上で読取り可能です。クリティカルフォルト保持機能は、電源デバイスフォルト後の熱の発生を防ぎます。このスマートパワー段ICはコントローラICとアナログおよびデジタル信号を介して通信し、それらはコントローラICのレジスタを介しても読取り可能です。プリセットおよびユーザー設定は不揮発性メモリ(NVM)に設定されます。MTP設定可能NVM回路によって7回のフィールド変更が可能です。

内蔵の3.3Vから1.8VへのレギュレータはMAX16602とパワー段ICの両方に対応し、1.8Vのバイアス電源を備えています。SNS_PS_BIASの監視によって、柔軟なバイアスおよびシーケンス処理も可能です。

MAX16602は56ピンQFNパッケージ(7mm × 7mm)で提供されます。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。