先頭に戻る

MAX1637の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1637の評価キット Feb 01, 1998

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • バッテリ電圧範囲:4.5V~22V
  • 入力電圧範囲(IC電源):4.5V~5.5V
  • 出力電圧:
    • 固定1.7V、7A (回路1)
    • 固定2.5V、3A (回路2)
  • 回路1の効率= 90% (VIN = 7V、VOUT = 1.7V、IOUT = 3A)
  • 回路2の効率= 91% (VIN = 7V、VOUT = 2.5V、IOUT = 3A)
  • 最大ICシャットダウン電流:3µA
  • 高速MOSFETでスイッチング損失を低減
  • 緊密なPCBレイアウトでスイッチング損失を低減
  • スイッチング周波数:300kHz
  • 表面実装構成
  • 完全実装済み、試験済み

アプリケーション/用途

  • ハンディターミナル、PDA
  • ノートブックコンピュータ
  • サブノートブックコンピュータ

説明

MAX1637評価キット(EVキット)は、2つの独立したスイッチングレギュレータ回路を備えています。第1の回路は、高電圧バッテリ電源を次世代のノートブックCPUコア用の低電圧電源電圧に変換します。この回路の出力は固定1.7Vで、87%以上の効率で最大7Aの出力電流を供給します。第2の回路は、汎用の低電圧電源です。この回路の出力は2.5Vに固定されており、出力電流は3Aまでとなっています。いずれの回路もバッテリ電圧範囲は4.5V~22Vで、MAX1637を駆動するために独立した5V入力電圧を必要とします。出力電圧は、フィードバック抵抗値を変更することによって調節できます。

MAX1637 EVキットは、高速負荷トランジェントを補正する優れた動的応答を示します。本EVキットは、完全実装済み、試験済みの回路基板です。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1637の評価キット Feb 01, 1998

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。