先頭に戻る

小型、低電圧、高精度ステップダウンコントローラ

ポータブルCPU電源用、低電圧、高精度ステップダウンコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 6
VIN (V) (max) 26
VOUT1 (V) (min) 1.1
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type External
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 350
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.09
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 6
VIN (V) (max) 26
VOUT1 (V) (min) 1.1
VOUT1 (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type External
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 350
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.09

主な特長

  • DC精度:±2%
  • DC負荷レギュレーション:0.1% (typ)
  • 最大350kHzの可変スイッチング周波数
  • Idle Mode™パルススキッピング動作
  • 出力電圧:可変1.10V~5.5V
  • 最小IC電源電圧(VCCピン):3.15V
  • 内部ディジタルソフトスタート
  • リファレンス出力:1.1V ±2%
  • 全シャットダウン電流:1µA
  • 出力過電圧クローバ保護
  • 出力低電圧シャットダウン(フの字)
  • パッケージ:小型16ピンQSOP

アプリケーション/用途

  • ハンディターミナル、PDA
  • ノートブックコンピュータ
  • サブノートブックコンピュータ

説明

MAX1637は、バッテリ駆動機器のCPU電源電圧を発生する同期バックスイッチモード電源コントローラです。MAX1637は、MAX1636の一部の機能を省いて小型16ピンQSOPパッケージに収めた製品です。MAX1637はバッテリ電圧が5.5Vを超える機器において、MAX1637はバッテリとは別の電源で駆動されます(通常はメイン+5V電源から)。MAX1637は優れたDCおよびAC出力電圧精度を達成します。低入力電圧(3.15V)における動作が可能で、しかも次世代の動的クロックCPUが必要とする優れた負荷トランジェント応答を提供します。

MAX1637は同期整流により最大95%の効率を実現しています。効率は1000:1の負荷電流範囲にわたって80%以上に維持されるため、システムサスペンドまたはスタンバイモードのバッテリ寿命が拡張されます。優れたダイナミック応答特性により、最新の動的クロックCPUが生成する出力トランジェントを300kHzクロックの5サイクル以内に修正します。強力な1Aの内蔵ゲートドライバによって、外部NチャネルMOSFETの高速スイッチングを可能にしています。

MAX1637は、ロジック制御の同期可能な固定周波数パルス幅変調(PWM)動作モードを備えています。このモードでは、敏感な移動通信およびペン入力アプリケーションにおいて、ノイズおよびRF干渉を低減します。/SKIPピンにより固定周波数モードをイネーブルして、全ての負荷条件でノイズを最小限に抑えることもできます。+5V VLリニアレギュレータおよび低ドロップアウト機能を備えたスタンドアロンデバイスとしては、MAX1636のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX1637:標準動作回路 MAX1637:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。