先頭に戻る

マルチ出力、ノートブックコンピュータ用、低ノイズ、電源コントローラ

ノートブックパワーコントローラ、超高レベルの集積度で超高性能および超小型サイズを実現

製品の詳細

MAX1630~MAX1635は、バッテリ駆動機器のロジック電源を発生するバックトポロジーのステップダウン、スイッチモード電源コントローラです。これらの高性能デュアル/トリプル出力素子は、パワーアップシーケンス、遅延付きのパワーグッド信号発生、ディジタルソフトスタート、二次巻線制御、低ドロップアウト回路、内部周波数補償ネットワークおよび自動ブートストラップ機能を備えています。

同期整流とマキシム独自のIdle Mode™制御方式により、最大96%の効率を実現しています。効率は1000:1の負荷電流範囲にわたって80%以上に維持されるため、システムサスペンドまたはスタンバイモードのバッテリ寿命が拡張されます。優れたダイナミック応答特性により、最新の動的クロックCPUが生成する出力トランジェントを300kHzクロックの5サイクル以内に修正します。強力な1Aの内蔵ゲートドライバによって、外部NチャネルMOSFETの高速スイッチングを可能にしています。

これらの素子は、ロジック制御の同期可能な固定周波数パルス幅変調(PWM)動作モードを備えています。このモードでは、敏感な移動通信およびペン入力アプリケーションにおいて、ノイズおよびRF干渉を低減します。アクティブローSKIPピンにより固定周波数モードをイネーブルして、全ての負荷条件でノイズを最小限に抑えることもできます。

MAX1630~MAX1635は、2つのPWMレギュレータを備えており、可変範囲が2.5V~5.5V、固定が5.0Vおよび3.3Vとなっています。いずれの製品も二次フィードバックレギュレーション機能を備えており、MAX1630/MAX1632/MAX1633/MAX1635は、それぞれ12V/120mAリニアレギュレータを備えています。MAX1631/MAX1634には、二次フィードバック入力(SECFB)およびどのPWM (3.3Vまたは5V)が二次フィードバック信号を受け取るかを選択する制御ピン(STEER)が搭載されています。SECFBにより、外部抵抗分圧器を使って二次巻線電圧レギュレーションポイントを調節できます。これは、固定12V以外の補助電圧を発生するために使用されます。

MAX1630/MAX1631/MAX1632は、内部出力過電圧および低電圧保護機能を備えています。

主な機能

  • 効率:96%
  • 入力電圧範囲:+4.2V~+30V
  • デュアル可変出力:2.5V~5.5V
  • 出力:固定3.3Vまたは5V選択可能、または可変(Dual Mode™)
  • 12Vリニアレギュレータ
  • 可変二次フィードバック(MAX1631/MAX1634)
  • リニアレギュレータ出力:5V/50mA
  • 高精度2.5Vリファレンス出力
  • プログラマブルパワーアップシーケンス
  • パワーグッド(アクティブローRESET)出力
  • 出力過電圧保護(MAX1630/MAX1631/MAX1632)
  • 出力低電圧シャットダウン(MAX1630/MAX1631/MAX1632)
  • 低ノイズ固定周波数動作:200kHz/300kHz
  • 低ドロップアウト、デューティ99%動作
  • 自己消費電力:2.5mW (typ) (+12V入力、両方のSMPSがオン)
  • シャットダウン電流:4µA (typ)
  • パッケージ:28ピンSSOP

アプリケーション/用途

  • デスクトップCPUローカルDC-DCコンバータ
  • ノートブックおよびサブノートブックコンピュータ
  • PDAおよびモバイル通信機器
Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.2
VIN (V) (max) 30
VOUT1 (V) (min) 2.5
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 4
Switch Type External
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 200
300
Package/Pins See Data Sheet
全て表示する

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX1630/MAX1631/MAX1632評価キット(EVキット)は、標準アプリケーション回路を構成する実装済み、試験済み評価ボード(EVボード)です。MAX1630およびMAX1632 EVボードはトリプル出力の3.3V/5V/12V回路、MAX1631 EVボードはデュアル出力3.3V/5V回路を提供します。

この3つの製品はいずれも同一のPCBが使用されていますが、入力電圧の違いに応じて部品が異なります。MAX1630とMAX1632のEVボードの主な違いは、巻数比(1:4と1:2.2)およびトランス接続部の位置(3.3V側と5V側)です。トランスを3.3V側に接続することにより入力電圧を低くすることができます。トランスを5V側に接続すると効率が多少向上し、ストレス電圧が低くなります。

これらの回路は、メインPWM出力の各々に90%以上の効率で最大3Aの出力電流を供給するように設定されています。MAX1630/MAX1631/MAX1632 EVキットは、その他の出力電圧の評価に使用することもできます。

詳細を見る

特長

  • バッテリ電圧範囲:
    • 5.2V~20V (MAX1630)
    • 5.2V~28V (MAX1631)
    • 6.5V~28V (MAX1632)
  • 出力:
    • 3.3V (3A)
    • 12V (120mA)
    • 5V (3A)
    • 5V (30mA、キープアライブ)
  • 1:4トランス(MAX1630)
    1:2.2トランス(MAX1632)
  • 2.5V~5.5V可変出力(オプションの抵抗分圧器)
  • 高精度2.5Vリファレンス出力
  • 発振器同期入力
  • 低ノイズモード制御入力(アクティブローSKIP)
  • パワーグッドモニタ(アクティブローRESET出力)
  • 完全実装済み、試験済み

説明

MAX1630/MAX1631/MAX1632評価キット(EVキット)は、標準アプリケーション回路を構成する実装済み、試験済み評価ボード(EVボード)です。MAX1630およびMAX1632 EVボードはトリプル出力の3.3V/5V/12V回路、MAX1631 EVボードはデュアル出力3.3V/5V回路を提供します。

この3つの製品はいずれも同一のPCBが使用されていますが、入力電圧の違いに応じて部品が異なります。MAX1630とMAX1632のEVボードの主な違いは、巻数比(1:4と1:2.2)およびトランス接続部の位置(3.3V側と5V側)です。トランスを3.3V側に接続することにより入力電圧を低くすることができます。トランスを5V側に接続すると効率が多少向上し、ストレス電圧が低くなります。

これらの回路は、メインPWM出力の各々に90%以上の効率で最大3Aの出力電流を供給するように設定されています。MAX1630/MAX1631/MAX1632 EVキットは、その他の出力電圧の評価に使用することもできます。

詳細を見る

特長

  • バッテリ電圧範囲:
    • 5.2V~20V (MAX1630)
    • 5.2V~28V (MAX1631)
    • 6.5V~28V (MAX1632)
  • 出力:
    • 3.3V (3A)
    • 12V (120mA)
    • 5V (3A)
    • 5V (30mA、キープアライブ)
  • 1:4トランス(MAX1630)
    1:2.2トランス(MAX1632)
  • 2.5V~5.5V可変出力(オプションの抵抗分圧器)
  • 高精度2.5Vリファレンス出力
  • 発振器同期入力
  • 低ノイズモード制御入力(アクティブローSKIP)
  • パワーグッドモニタ(アクティブローRESET出力)
  • 完全実装済み、試験済み

説明

MAX1630/MAX1631/MAX1632評価キット(EVキット)は、標準アプリケーション回路を構成する実装済み、試験済み評価ボード(EVボード)です。MAX1630およびMAX1632 EVボードはトリプル出力の3.3V/5V/12V回路、MAX1631 EVボードはデュアル出力3.3V/5V回路を提供します。

この3つの製品はいずれも同一のPCBが使用されていますが、入力電圧の違いに応じて部品が異なります。MAX1630とMAX1632のEVボードの主な違いは、巻数比(1:4と1:2.2)およびトランス接続部の位置(3.3V側と5V側)です。トランスを3.3V側に接続することにより入力電圧を低くすることができます。トランスを5V側に接続すると効率が多少向上し、ストレス電圧が低くなります。

これらの回路は、メインPWM出力の各々に90%以上の効率で最大3Aの出力電流を供給するように設定されています。MAX1630/MAX1631/MAX1632 EVキットは、その他の出力電圧の評価に使用することもできます。

詳細を見る

特長

  • バッテリ電圧範囲:
    • 5.2V~20V (MAX1630)
    • 5.2V~28V (MAX1631)
    • 6.5V~28V (MAX1632)
  • 出力:
    • 3.3V (3A)
    • 12V (120mA)
    • 5V (3A)
    • 5V (30mA、キープアライブ)
  • 1:4トランス(MAX1630)
    1:2.2トランス(MAX1632)
  • 2.5V~5.5V可変出力(オプションの抵抗分圧器)
  • 高精度2.5Vリファレンス出力
  • 発振器同期入力
  • 低ノイズモード制御入力(アクティブローSKIP)
  • パワーグッドモニタ(アクティブローRESET出力)
  • 完全実装済み、試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.2
VIN (V) (max) 30
VOUT1 (V) (min) 2.5
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 4
Switch Type External
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 200
300
Package/Pins See Data Sheet

主な機能

  • 効率:96%
  • 入力電圧範囲:+4.2V~+30V
  • デュアル可変出力:2.5V~5.5V
  • 出力:固定3.3Vまたは5V選択可能、または可変(Dual Mode™)
  • 12Vリニアレギュレータ
  • 可変二次フィードバック(MAX1631/MAX1634)
  • リニアレギュレータ出力:5V/50mA
  • 高精度2.5Vリファレンス出力
  • プログラマブルパワーアップシーケンス
  • パワーグッド(アクティブローRESET)出力
  • 出力過電圧保護(MAX1630/MAX1631/MAX1632)
  • 出力低電圧シャットダウン(MAX1630/MAX1631/MAX1632)
  • 低ノイズ固定周波数動作:200kHz/300kHz
  • 低ドロップアウト、デューティ99%動作
  • 自己消費電力:2.5mW (typ) (+12V入力、両方のSMPSがオン)
  • シャットダウン電流:4µA (typ)
  • パッケージ:28ピンSSOP

アプリケーション/用途

  • デスクトップCPUローカルDC-DCコンバータ
  • ノートブックおよびサブノートブックコンピュータ
  • PDAおよびモバイル通信機器

説明

MAX1630~MAX1635は、バッテリ駆動機器のロジック電源を発生するバックトポロジーのステップダウン、スイッチモード電源コントローラです。これらの高性能デュアル/トリプル出力素子は、パワーアップシーケンス、遅延付きのパワーグッド信号発生、ディジタルソフトスタート、二次巻線制御、低ドロップアウト回路、内部周波数補償ネットワークおよび自動ブートストラップ機能を備えています。

同期整流とマキシム独自のIdle Mode™制御方式により、最大96%の効率を実現しています。効率は1000:1の負荷電流範囲にわたって80%以上に維持されるため、システムサスペンドまたはスタンバイモードのバッテリ寿命が拡張されます。優れたダイナミック応答特性により、最新の動的クロックCPUが生成する出力トランジェントを300kHzクロックの5サイクル以内に修正します。強力な1Aの内蔵ゲートドライバによって、外部NチャネルMOSFETの高速スイッチングを可能にしています。

これらの素子は、ロジック制御の同期可能な固定周波数パルス幅変調(PWM)動作モードを備えています。このモードでは、敏感な移動通信およびペン入力アプリケーションにおいて、ノイズおよびRF干渉を低減します。アクティブローSKIPピンにより固定周波数モードをイネーブルして、全ての負荷条件でノイズを最小限に抑えることもできます。

MAX1630~MAX1635は、2つのPWMレギュレータを備えており、可変範囲が2.5V~5.5V、固定が5.0Vおよび3.3Vとなっています。いずれの製品も二次フィードバックレギュレーション機能を備えており、MAX1630/MAX1632/MAX1633/MAX1635は、それぞれ12V/120mAリニアレギュレータを備えています。MAX1631/MAX1634には、二次フィードバック入力(SECFB)およびどのPWM (3.3Vまたは5V)が二次フィードバック信号を受け取るかを選択する制御ピン(STEER)が搭載されています。SECFBにより、外部抵抗分圧器を使って二次巻線電圧レギュレーションポイントを調節できます。これは、固定12V以外の補助電圧を発生するために使用されます。

MAX1630/MAX1631/MAX1632は、内部出力過電圧および低電圧保護機能を備えています。

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。