先頭に戻る

MAX1605の評価キット

製品の詳細

主な特長

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧
    • +0.8V~+18V (出荷時設定)
    • +2.4V~+5.5V (ICのVCC)
  • 出力電圧
    • +18Vで30mA (max)を供給(出荷時設定)
  • 抵抗により出力電圧調整可能
  • 調整可能なインダクタ電流リミット設定
  • 内部MOSFETスイッチ
  • ICシャットダウン電流:1µA (typ)
  • スイッチング周波数:500kHz (max)
  • 表面実装部品
  • 完全実装済み、試験済み

アプリケーション/用途

説明

MAX1605の評価キット(EVキット)は、正電圧を生成して低電力LCDディスプレイを駆動するブーストスイッチングコンバータを含む完全実装済み、試験済みの表面実装プリント基板です。この回路は出力電圧+18Vに設定されており、30mAまでの電流を供給します。別の部品を選択して、より高い出力電圧を生成することもできます。

このICは+2.4V~+5.5Vの電源電圧で動作しますが、出力において最低+0.8V、最高+30Vのバッテリ電圧をブーストできます。このEVキットは、3つの異なるインダクタ電流リミットを評価するよう構成されています。

MAX1605のEVキットは、バッテリ寿命を延長する低自己消費電流および88%までの高効率を実証します。動作は500kHzで行われるため、超小型の表面実装部品を使用できます。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。