先頭に戻る

MAX1522、MAX1523、MAX1524の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1522、MAX1523、MAX1524の評価キット Aug 31, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧
    • +1.5V~+5.5V (左側、ブートストラップ)
    • +2.5V~+5.5V (右側、非ブートストラップ)
  • 出力電圧
    • 最大1Aの+5V出力(左側)
    • 最大200mAの+12V出力(右側)
  • 電流検出抵抗不要
  • 障害検出
  • ソフトスタートによる突入電流制限
  • 選択可能な最大デューティサイクルを(45%または80%)
  • 可変出力電圧
  • シャットダウン電流:1µA (max)
  • スイッチング周波数:最大1MHz
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 産業用+24Vおよび+28V電源
  • LCDバイアス電源
  • 低コストバッテリ駆動アプリケーション
  • 低コスト、大電流、または高電圧昇圧変換
  • 低コスト、マルチ出力フライバックコンバータ
  • SEPICコンバータ

説明

MAX1522の評価キット(EVキット)は完全実装および試験済み表面実装回路ボードで、2つの独立したステップアップスイッチングコントローラ回路を搭載しています。第1回路(左側)はMAX1524を使用し、+5V出力として構成され、最大1Aの電流を供給することができます。MAX1524電源供給ピンは、出力に対してブートストラップされます。第2回路(右側)はMAX1522を使用して、+12V出力として構成され、最低+2.7Vの入力電圧により最大200mAの電流を供給することができます。

また、MAX1522およびMAX1524は、ソフトスタートおよび障害検出機能を備えています。このEVキットではNチャネルMOSFETのオンタイムを0.5µsまたは3µsに設定することができます。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX1522、MAX1523、MAX1524の評価キット Aug 31, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。