先頭に戻る

MAX1515の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX1515の評価キット Jul 24, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • VINの範囲:1.3V~3.6V
  • VOUTの範囲:0.5V~2.7V (2.5Aにおいて)
  • 端子で選択可能な出力電圧:1.5V、1.8V、または2.5V (2.5Aにおいて)
  • DDRモードのイネーブル(アクティブローMODE)
  • 強制PWM/パルススキッピングの選択(アクティブローSKIP)
  • 最適化されたスイッチング周波数:500kHz
  • シャットダウン入力(アクティブローSHDN)
  • パワーグッド出力(PGOOD)

アプリケーション/用途

  • アクティブ終端バス
  • チップセット/グラフィックスプロセッサ電源
  • ノートブック用DDRメモリ終端

説明

MAX1515の評価キット(EVキット)は、ノートブック/サブノートブックコンピュータの低電圧アクティブ終端電源ソリューションでの使用に最適化された固定オフ時間、パルス幅変調(PWM)ソース/シンク、ステップダウンDC-DCコンバータのMAX1515を評価するように設計されています。このEVキットボードはデフォルトではDDRモードであり、VINに1.3V~3.6V、VDDに3.3V、およびVDDQに2.5Vまたは1.8Vをリファレンスとして受け付けます。出力電圧は、2.5Aのシンクまたはソースが可能なVDDQ / 2に等しいVOUTが生成されます。

非DDRモードでは、VOUTの電圧を端子で選択可能で、1.5V、1.8V、または2.5Vのオプションがあります。また、VOUTの電圧は、0.5V~2.7Vの範囲でも調整可能です。

MAX1515のEVキットは、フィードバック選択(FBSEL0、FBSEL1)、リファレンス選択(REFIN)、DDRモード(MODE)、パルススキッピングモード(アクティブローSKIP)、およびシャットダウンモード(アクティブローSHDN)を、ジャンパを使って動作させるように便利に設計されています。

技術資料

データシート MAX1515の評価キット Jul 24, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。