先頭に戻る

MAX15049の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX15049の評価キット Mar 16, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • トリプル出力電源
    • VOUT1 (3.3V、3A)
    • VOUT2 (1.8V、3A)
    • VOUT3 (1.2V、6A)
  • 入力電圧動作:5.5V~16V (12V入力に最適化された設計)
  • 入力電圧動作(オプション):4.5V~5.5V
  • コンバータ当りのスイッチング周波数:500kHz
  • 設定可能なスイッチング周波数:1.2MHz (max)
  • シーケンシング動作(部品変更でトラッキングが可能)
  • PGOOD電力監視
  • 小型1.5in x 1inの回路実装面積
  • OUT1のピーク効率:92.8%
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • ASIC/CPU/DSPコアおよびI/O電圧
  • 基地局電源
  • DDR電源
  • POL (Point-of-Load)型DC-DCコンバータ
  • RAID制御電源
  • セットトップボックス
  • テレコムおよびネットワーク用電源

説明

MAX15049の評価キット(EVキット)は、MAX15049の各機能を検証するための完全実装および試験済みPCBです。MAX15049は、シーケンシング機能を備えた高性能トリプル出力同期バックコントローラです。このEVキットは、通常動作では5V~16V (12V、typ)のDC入力電圧範囲を必要とします。

MAX15049のEVキットの出力構成は、3.3V、1.8V、および1.2Vです。各出力は、それぞれ3A、3A、および6Aの負荷電流を供給します。このEVキットのスイッチング周波数は、500kHzに設定されていますが、抵抗を置き換えることによって、1.2MHzまで設定することもできます。このEVキットは、シーケンシング(MAX15049)用に構成されており、プリバイアス起動が可能です。また、このEVキットは、いくつかの部品を変更することによって、トラッキングアプリケーション用のMAX15048の評価にも使用可能です。回路監視用にPGOODロジック信号出力パッドが用意されています。

MAX15049のEVキットには、MAX15049ETJ+が実装されています。MAX15048を評価する場合は、ピンコンパチブルのMAX15048ETJ+の無料サンプルを請求してください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX15049の評価キット Mar 16, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。