先頭に戻る

トラッキング/シーケンシング内蔵、トリプル出力バックコントローラ

シーケンシングおよびトラッキングを備えた低コストトリプルバックコントローラ、スモールフォームファクタ(5mm x 5mm)

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:4.7V~23V、または5V ±10%
  • 120°逆位相で動作するトリプル出力同期バックコントローラ
  • プリバイアスパワーアップ(MAX15049)
  • 調整可能な出力電圧:0.6V (min)
  • 同時/レシオメトリックトラッキング(MAX15048)
  • イネーブルスレッショルドによる高精度シーケンシング(MAX15049)
  • 外部補償によって最大限のフレキシビリティを実現
  • ディジタルソフトスタート(MAX15048/MAX15049)およびソフトストップ(MAX15048)
  • ローサイドMOSFETのRDS(ON)を使った無損失バレーモード電流検出
  • PGOOD出力
  • ブートストラップダイオード内蔵
  • 設定可能なスイッチング周波数:200kHz~1.2MHz
  • サーマルシャットダウンおよびヒカップモード短絡保護
  • 省スペース(5mm x 5mm)の32ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ASIC/CPU/DSPコアおよびI/O電圧
  • 基地局電源
  • DDR電源
  • POL (Point-of-Load)型DC-DCコンバータ
  • RAID制御電源
  • セットトップボックス
  • テレコムおよびネットワーク用電源

説明

MAX15048/MAX15049は、トリプル出力パルス幅変調(PWM)ステップダウンDC-DCコントローラで、トラッキング(MAX15048)およびシーケンシング(MAX15049)オプションを備えています。これらのデバイスは4.7V~23Vの入力電圧範囲で動作します。各PWMコントローラは、最低0.6Vまで調整可能な出力を提供し、優れたロードレギュレーションとラインレギュレーションによって最大15Aの負荷電流を供給します。MAX15049はプリバイアスされた出力まで起動することができます。MAX15048/MAX15049は、高性能の小型パワーマネージメントソリューションに最適です。

同時またはレシオメトリックトラッキング(MAX15048)、または出力シーケンシング(MAX15049)のオプションによって、システム要件に応じて、パワーアップ/パワーダウンシーケンスを調整することができます。MAX15048/MAX15049の各PWM部分は、外部補償による電圧モード制御方式を採用しているため、優れたノイズ耐性が可能となり、各種のインダクタ値とコンデンサタイプを最大限のフレキシビリティで選択することができます。各PWM部分は、200kHz~1.2MHzに設定可能で同じ固定スイッチング周波数で動作します。120°逆位相の最大1.2MHzで動作する各コンバータは、入力コンデンサリップル周波数を最大3.6MHzまで増大します。このため、RMS入力リップル電流が低減し、入力バイパスコンデンサのサイズが大幅に縮小します。MAX15048/MAX15049は、ブーストダイオードを内蔵しており、追加システムコストを削減することができます。

MAX15048/MAX15049は、コンバータの正常なパワーアップ/パワーダウンのためにヒステリシスを持った内部低電圧ロックアウト(UVLO)を内蔵し、ディジタルソフトスタート(MAX15048/MAX15049)/ソフトストップ(MAX15048)を備えています。パワーグッド回路(PGOOD)は、3つすべての出力を監視し、すべての出力がレギュレーション内にあるとパワーグッド信号をシステム制御/プロセッサに送出します。保護機能として、無損失バレーモード電流制限、ヒカップモード出力短絡保護、およびサーマルシャットダウンを備えています。

MAX15048/MAX15049は、省スペース、5mm x 5mm、鉛フリーの32ピンTQFN-EPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX15048、MAX15049:簡易標準動作回路(同時トラッキング) MAX15048、MAX15049:簡易標準動作回路(同時トラッキング) Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。