先頭に戻る

スイッチ内蔵、低コスト、3A、4.5V~28V入力、350kHz、PWMステップダウンDC-DCレギュレータ

低電流電源レイルに最適な、スイッチ内蔵、低コスト、3A、DC-DCレギュレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 28
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 25
IOUT1 (A) (max) 3
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 350
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.62
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

主な特長

  • 連続出力電流:3A (max)
  • 出力精度:±1% (全温度範囲)
  • 入力電圧範囲:4.5V~28V
  • 調整可能な出力電圧範囲:0.606V~0.9 x VIN
  • パワースイッチ内蔵:170mΩ RDS-ONハイサイドおよび105mΩ RDS-ONローサイド
  • 固定スイッチング周波数:350kHz
  • 最大効率:93%
  • サイクルごとの過電流保護
  • 設定可能なソフトスタート
  • 低ESRセラミック出力コンデンサによる安定動作
  • プリバイアス出力までの安全な起動
  • イネーブル入力およびパワーグッド出力
  • 過電流および温度過昇から完全保護
  • VDD LDO低電圧ロックアウト
  • 省スペース、熱特性を高めた3mm x 3mmパッケージ

アプリケーション/用途

  • 民生用製品
  • 分散電源システム
  • プリレギュレータ
  • セットトップボックス
  • テレビ
  • 電源アダプタ
  • XDSLモデム

説明

スイッチ内蔵の低コスト同期整流DC-DCコンバータのMAX15041は、最大3Aの出力電流を供給します。MAX15041は、4.5V~28Vの入力電圧で動作し、2つの外付け抵抗によって設定された0.606V~VINの90%に調整可能な出力電圧を提供します。MAX15041は、配電システム、プリレギュレーション、セットトップボックス、テレビ、およびその他の民生アプリケーションに最適です。

MAX15041は、350kHzの内部固定スイッチング周波数と90%の最大デューティサイクルを持つピーク電流モードPWMコントローラを備えています。電流モード制御アーキテクチャは、補償デザインを簡素化し、サイクルごとの電流制限、ラインおよび負荷過渡に対する高速応答を確保します。高利得トランスコンダクタンス誤差アンプによって、タイプII補償方式による外部補償を柔軟に設定できるため、すべてのセラミックコンデンサの使用が可能です。

この同期整流バックレギュレータは、内蔵MOSFETを備えており、非同期ソリューションよりも優れた効率を提供すると同時に、ディスクリートコントローラソリューションに比べてデザインを簡素化します。デザインの簡素化のほか、内蔵MOSFETは、EMIを最小化し、基板スペースを削減し、外付け部品の数を最小限に抑えることによってより高い信頼性を提供します。

MAX15041は、サーマルシャットダウンおよび過電流保護(ハイサイドソースおよびローサイドシンク)も備え、低電圧ロックアウトを備えた5V LDOも内蔵しています。また、このデバイスは電源投入からプリバイアス出力までの安全な起動も確保します。

その他の機能として、外部調整可能なソフトスタートを備え、出力電圧を徐々にランプアップして突入電流を低減します。個別のイネーブル制御およびパワーグッド信号によって、柔軟な電源シーケンスが可能です。

MAX15041は、省スペース高電力3mm x 3mmの16ピンTQFN-EPパッケージで提供され、-40℃~+85℃での動作が完全保証されています。

簡易ブロック図

MAX15041:標準動作回路 MAX15041:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。