先頭に戻る

MAX15039の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX15039の評価キット Dec 02, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • RDSONが26mΩのハイサイドおよびRDSONが20mΩのローサイドの内蔵MOSFETを評価
  • 6A出力
  • 出力精度:±1% (負荷、入力、および温度の全範囲に対して)
  • 2.9V~5.5Vの入力電源で動作
  • すべてセラミックコンデンサで設計
  • 0.6V~2.5Vで9つの選択可能な出力電圧
  • 抵抗分圧器を使って0.6V~(0.9 x VIN)の出力電圧を設定可能
  • 可変周波数:500kHz~2MHz
  • 設定可能なソフトスタート時間
  • DDR終端およびトラッキングアプリケーション用のREFIN
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • ASIC/CPU/DSPコアおよびI/O電圧
  • 基地局電源
  • DDR電源
  • POL
  • RAID制御電源
  • サーバ電源
  • テレコムおよびネットワーク用電源

説明

MAX15039の評価キット(EVキット)は、エンタープライズサーバー、テレコム、コンピュータ、およびネットワーキングのアプリケーション用のスイッチを内蔵した6A、2MHzのステップダウンレギュレータのMAX15039を検証します。このEVキットは、2.9V~5.5Vの入力電圧範囲において、出力電圧が1.8Vで最大6Aの負荷電流に予め設定されています。このEVキットは、1MHzのスイッチング周波数と最大95%の効率(同梱の部品の使用によって)を達成します。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX15039の評価キット Dec 02, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。