48Vラック型電力供給

電力損失を劇的に低減し電力密度を向上

データセンター機器の電力供給効率は転換点にあります。クラウドサービスの電力レベルが増大するに伴い、より高性能なプロセッサやメモリ要件に対応するために、データセンターのオペレータはPUE (Power Usage Effectiveness)値を1.00に近づけようと努力しています。PUE値が1.00の場合、電力損失が発生しないため、全エネルギーが演算に使用されることになります。最も効率の高いデータセンターのPUE値は最大1.1に達します。したがって、次のレベルのITインフラストラクチャ最適化は、変換の段数とその関連損失を低減させることになります。

2段式電力変換(48V-12V-負荷)は、48VからCPU、ASIC、SoC、GPU、FPGA、およびメモリに給電するために実装する一般的なアーキテクチャです。しかしながら、2段式アーキテクチャの効率は、多段式供給や電圧変換による損失を含む、いくつかの要因によって制約されます。そのため、2段式アーキテクチャの効率の最大値は約90%に留まっています。

マキシムの最新のスケーラブルな48V直接変換ソリューションは、統合化電源や磁性体を使用して1段式変換(48V-負荷)を行うことで、この効率、密度、および過渡性能の壁を壊します。48V直接負荷変換は、電力変換の1段階を省くことによって、ラック実装の場合、12Vアーキテクチャに比べて配電損失を16分の1に低減します。

マキシムの48V直接電力変換ソリューションの主な特長と利点は次のとおりです。

  • 最も高い電力供給と変換効率:PUE値を低減しラックの消費電力を低減
  • 統合化電源および磁性体が最も優れた過渡性能を提供
  • スケーラブルなアーキテクチャが、電力、効率、およびコストの調整システムに柔軟性を提供

サポートされたアプリケーション:

  • DDR3およびDDR4メモリ
  • マイクロプロセッサ、SoC、ASIC、FPGA、およびGPU
  • Intel VR13

マキシムの電源ソリューションの最新アップデートを受け取る(英語のみの対応)


サインアップして通知を受け取る ›

48Vラック型電力供給 拡大表示+