MAX819L, MAX819M

+5Vマイクロプロセッサ監視回路

バッテリバックアップ付き、低電力、小型マイクロプロセッサ監視回路


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX817/MAX818/MAX819は、マイクロプロセッサ(µP)システムの電源監視、バッテリ制御およびチップイネーブル機能に必要となる部品の複雑さを抑え、部品点数を低減します。これらの製品は+5V電源駆動システム用に設計されています。低消費電流(11µA typ)で小型パッケージを使用しているため、ポータブル機器に最適です。MAX817/MAX818/MAX819はVCCの高速トランジェントを無視するように設計されています。その他の監視機能としては、アクティブローリセット、バックアップバッテリ切換え、ウォッチドッグ入力、バッテリフレッシュネスシールおよびチップイネーブルゲート機能等が挙げられます。フルデータシートの「選択ガイド」に各素子の機能を示します。

これらのデバイスは2つのバージョンで提供されており、それぞれが±5%または±10%電源に合わせて予めトリミングされたリセットスレッショルド電圧を持っています。すなわち、Lバージョンが4.65V、Mバージョンが4.40Vとなっています。MAX817/MAX818/MAX819は省スペースの8ピンDIP/SOと共に、µMAX®パッケージでも供給されています。
MAX817L、M、MAX818L、M、MAX819L、M:標準動作回路 MAX817L、M、MAX818L、M、MAX819L、M:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 高精度電源電圧監視:
    • 4.65V (MAX81_L)
    • 4.40V (MAX81_M)
  • 自己消費電流:11µA
  • リセットのタイムディレー:200ms
  • ウォッチドッグタイマ(タイムアウト1.6秒) (MAX817/MAX818)
  • バックアップバッテリへの電源切換え(バッテリ電圧がVCCを超えても可)
  • バッテリフレッシュネスシール
  • チップイネーブル信号用ゲート(3ns) (MAX818)
  • パワーフェイルまたはローバッテリ警報用の独立した電圧モニタ(MAX817/MAX819)
  • マニュアルリセット入力(MAX819)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動コンピュータ/コントローラ
  • クリティカルなµP監視
  • 組込みコントローラ
  • インテリジェント機器
  • ポータブル機器

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.
製品の信頼性レポート: MAX819L.pdf 
信頼性レポートをリクエスト: MAX819M 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース