先頭に戻る

3.0V/3.3Vマイクロプロセッサ監視回路

業界初、3.3V/3.0Vシステム用、バッテリバックアップ監視回路

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Battery Backup Circuits
Reset Thresh. (V) 2.5 to 3.3
Reset Out Active Low
Push-Pull
ICC (µA) (max) 50
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
6.06
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート 3.0V/3.3Vマイクロプロセッサ監視回路 Apr 01, 2015
アプリケーションノート Analog ICs for Low Voltage Systems

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Battery Backup Circuits
Reset Thresh. (V) 2.5 to 3.3
Reset Out Active Low
Push-Pull
ICC (µA) (max) 50
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
6.06

主な特長

  • /RESETおよびRESET出力
  • マニュアルリセット入力
  • 高精度電源電圧モニタ
  • リセットタイム遅延:200ms
  • ウォッチドッグタイマ:1.6秒のタイムアウト
  • バッテリバックアップへの電源切替 - バッテリは通常動作時にVCC以上を許容
  • VCC電源電流:40µA
  • バッテリ電流:1µA
  • パワーフェイル用電圧モニタまたはローバッテリ警報
  • VCC = 1Vまでの/RESET保証
  • 8ピンDIPおよびSOパッケージ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動コンピュータ/コントローラ
  • クリティカルなµP監視
  • 組込みコントローラ
  • インテリジェント機器
  • ポータブル機器

説明

これらのマイクロプロセッサ(µP)監視回路は、 µPシステムにおいて、電源監視やバッテリ制御に必要な回路の簡素化および部品点数の削減を行います。これらの製品を使用することで個別ICまたはディスクリート部品にくらべて、システムの信頼性と精度が大幅に改善されます。

これらの製品は、3.0Vまたは3.3V電源駆動システム用に設計されています。5Vシステム向けに設計された同様のデバイスについてはフルデータシートの「Selector Guide (選択ガイド)」を参照してください。 サフィックスはリセットスレッショルド電圧の違いを示します:3.075V (T)、2.925V (S)、および2.625V (R) (フルデータシートの「Detailed Description (詳細)」の「Reset Threshold (リセットスレッショルド)」の項を参照)。全製品とも8ピンDIPおよびSOパッケージで提供されています。以下はこのシリーズで提供されている特長です:

Part Active-Low Reset Active-High Reset Watchdog Input Manual Reset Input Backup-Battery Switch Power-Fail Threshold Accuracy Power-Fail Comparator Reset Window
MAX690     ±4% ±75mV
MAX704     ±4% ±75mV
MAX802     ±2% ±2%
MAX804     ±2% ±2%
MAX805     ±4% ±75mV
MAX806     ±2% ±2%

簡易ブロック図

MAX690T:標準動作回路  MAX690T:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート 3.0V/3.3Vマイクロプロセッサ監視回路 Apr 01, 2015
アプリケーションノート Analog ICs for Low Voltage Systems

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。