先頭に戻る

+3V電圧監視用、低コスト、µP監視回路

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 2.5 to 3.3
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active High
Push-Pull
tRESET (min) 85ms to 300ms
Watchdog Feature Input (WDI)
Input/Output (WDI/WDO)
Watchdog Timeout 1s to 2s
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Manual Reset
Power Fail Comparator/Low Battery Detect
ICC (µA) (max) 200
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.03
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 2.5 to 3.3
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active High
Push-Pull
tRESET (min) 85ms to 300ms
Watchdog Feature Input (WDI)
Input/Output (WDI/WDO)
Watchdog Timeout 1s to 2s
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Manual Reset
Power Fail Comparator/Low Battery Detect
ICC (µA) (max) 200
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.03

主な特長

  • µMAXパッケージ、小型8ピンSO
  • 高精度電源電圧もモニタ
    • 2.63V (MAX706P/R、MAX706AP/AR、およびMAX708R)
    • 2.93V (MAX706S、MAX706AS、およびMAX708S)
    • 3.08V (MAX706T、MAX706AT、およびMAX708T)
  • リセットのタイムディレイ:200ms
  • デバウンス型TTL/CMOS対応のマニュアルリセット入力
  • 自己消費電流:100µA
  • WDIディセーブル機能(MAX706AP/AR/AS/AT)
  • ウォッチドッグタイマ:1.6秒のタイムアウト
  • リセット出力信号:
    • アクティブハイのみ(MAX706P、MAX706AP)
    • アクティブローのみ(MAX706R/S/T、MAX706AR/AS/AT)
    • アクティブハイおよびアクティブロー(MAX708R/S/T)
  • パワーフェイルまたはローバッテリ警告用電圧監視
  • 8ピン表面実装パッケージ
  • VCC = 1VまでアクティブローRESETのアサートを保証

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • コンピュータ
  • コントローラ
  • クリティカルなµPの電源監視
  • インテリジェント機器
  • ポータブル機器

説明

マイクロプロセッサ(µP)監視回路のMAX706P/R/S/T、MAX706AP/AR/AS/AT、およびMAX708R/S/Tは、+3V~+5VのµPシステムで+3Vの電源レベルを監視するために必要とされる複雑な設計を簡素化し部品点数を削減します。これらの製品は、個別ICやディスクリート部品に比べ、システムの信頼性および精度を大幅に改善します。

MAX706P/R/S/TおよびMAX706AP/AR/AS/AT監視回路は、次の4つの機能を提供します。
    1)パワーアップ、パワーダウン、および電源低下状態にリセット出力を送出
    2)ウォッチドッグ入力が1.6秒以内にトグルされない場合、独立したウォッチドッグ出力がローになります。
    3)パワーフェイル警告、ローバッテリ検出、または主電源以外の電源監視のための1.25Vのスレッショルド検出器
    4)アクティブローのマニュアルリセット入力
MAX706R/AR、MAX706S/AS、およびMAX706T/ATの唯一の相違点は、リセットスレッショルド電圧レベルで、それぞれ2.63V、2.93V、および3.08Vです。すべての製品はアクティブローのリセット出力信号を備えています。MAX706P/APはリセット出力信号がアクティブハイであることを除けば、MAX706R/ARと同じです。MAX706AP/AR/AS/ATのウォッチドッグタイマ機能は、WDI入力がオープンのままの場合、または低リークトライステート出力のハイインピーダンス状態に接続される場合、ディセーブルとなります。

MAX708R/S/Tは、ウォッチドッグタイマを内蔵していないという点を除いて、MAX706R/S/TおよびMAX706AR/AS/ATと同じ機能を提供します。その代わり、アクティブローRESETおよびRESET出力の両方を備えています。MAX706と同様、サフィックスがR、S、およびTのデバイスは、それぞれ2.63V、2.93V、および3.08Vのリセットスレッショルドとなります。

これらのデバイスは、8ピンSO、DIP、およびµMAX®パッケージで提供され、全動作温度範囲で仕様が定められています。

簡易ブロック図

MAX706AP、MAX706AR、MAX706AS、MAX706AT、MAX706P、MAX706R、MAX706S、MAX706T、MAX708R、MAX708S、MAX708T:ピン配置 MAX706AP、MAX706AR、MAX706AS、MAX706AT、MAX706P、MAX706R、MAX706S、MAX706T、MAX708R、MAX708S、MAX708T:ピン配置 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。