先頭に戻る

EEPROMプログラム可能な、オクタル(8回路)/ヘックス(6回路)/クワッド(4回路)の電源シーケンサ/監視回路

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 8つ(MAX6889)、6つ(MAX6890)、または4つ(MAX6891)の構成可能な入力電圧検出器
    1つの高電圧入力(1.25V~7.625V、または2.5V~13.2V)
    6つ(MAX6889)、5つ(MAX6890)、または3つ(MAX6891)の電圧入力(0.5V~3.05Vまたは1V~5.5V)
    追加(MAX6889)高電圧入力(1.25V~7.625V、または2.5V~15.25V)
  • 4つ(MAX6889/MAX6890)、または3つ(MAX6891)の汎用ロジック入力
  • 構成可能なウォッチドッグタイマ
  • 10 (MAX6889)、8つ(MAX6890)、または5つ(MAX6891)のプログラマブル出力
  • アクティブハイ、アクティブロー、オープンドレイン、弱プルアップ
    タイミング遅延:25µs~1600ms
  • マージンディセーブルおよびマニュアルリセット制御
  • 512ビットのユーザEEPROMを内蔵
  • 耐久性:10万回の消去/書込みサイクル
    データ保持:10年
  • I²C/SMBus対応シリアルの設定/通信用インタフェース
  • スレッショルド精度:±1%
  • アプリケーション/用途

    • マルチマイクロプロセッサ/電圧システム
    • ネットワーキングシステム
    • サーバおよびワークステーション
    • ストレージ機器
    • 電気通信/電話局
    • ワイヤレス基地局

    説明

    MAX6889/MAX6890/MAX6891はEEPROMで構成可能なマルチ電圧電源シーケンサ/監視回路で、複数の電圧検出器入力と汎用ロジック入力を監視し、高度に構成可能な電源シーケンスアプリケーション用のプログラマブル出力を備えています。MAX6889は8つの電圧検出器入力と10のプログラマブル出力を備えています。MAX6890は6つの電圧検出器入力と8つのプログラマブル出力を備え、またMAX6891は4つの電圧検出器入力と5つのプログラマブル出力を備えています。マニュアルリセットおよびマージンディセーブル入力によって、フレキシビリティが向上しています。

    すべての電圧検出器は、低電圧検出用に構成可能なスレッショルドを備えています。高電圧入IN1は、50mV単位で2.5V~13.2V、または25mV単位で1.25V~7.625Vの電圧を監視します。入力IN2~IN7は、20mV単位で1V~5.5V、または10mV単位で0.5V~3.05Vの電圧を監視します。高電圧入力IN8は、50mV単位で2.5V~15.25V、または25mV単位で1.25V~7.625Vの電圧を監視します。プログラマブルな出力段によって、電源シーケンシンスやシステムリセット/割込みを制御します。プログラマブルな出力オプションには、アクティブハイ、アクティブロー、オープンドレイン、弱プルアップなどがあります。プログラマブルなタイミング遅延ブロックによって、デアサート前に25µs~1600msの間、待機するように各出力を構成します。

    MAX6889/MAX6890/MAX6891はウォッチドッグタイマを内蔵することによってフレキシビリティが向上します。1つまたは複数のプログラマブル出力をアサートするようにウォッチドッグタイマを設定してください。初期および標準ウォッチドッグタイムアウト期間は、6.25ms~102.4sの間で個別に設定可能です。

    SMBus™/I²C対応、2線式シリアルデータインタフェースを通じて、構成用EEPROM、構成レジスタ、および512ビットの内蔵ユーザEEPROMの設定と通信が行われます。

    MAX6889/MAX6890/MAX6891は5mm x 5mm x 0.8mmのTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

    簡易ブロック図

    MAX6889、MAX6890、MAX6891:標準動作回路 MAX6889、MAX6890、MAX6891:標準動作回路 Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。